職務評価の手法

職務(役割)評価の手法を大別すると、「単純比較法」、「分類法」、「要素比較法」、「要素別点数法」の4つがあります。
「要素別点数法」は、簡易にも精緻にも実施可能であり、より客観的な評価を行うことができます。「要素別点数法」による職務評価を実施する場合には、「要素別点数法による職務評価の実施ガイドライン」も参照しながら、実施してみてください。

手法 内容
(1)単純比較法
(1)単純比較法 社内の職務を1対1で比較し、職務の大きさが同じか、あるいは、異なるかを評価します。
比較の際に、職務を細かく分解せず、全体として捉えて比較します。
(2)分類法
(2)分類法

社内で基準となる職務を選び、詳細な職務分析を行った上で、それを基に「職務レベル定義書」を作ります。

「職務レベル定義書」に照らし合わせ、全体として、最も合致する定義はどのレベルかを判断し、職務の大きさを評価します。

(3)要素比較法
(3)要素比較法

あらかじめ定めておいた職務の構成要素別に、レベルの内容を定義します。職務を要素別に分解し、最も合致する定義はどのレベルかを判断することにより、職務の大きさを評価します。

分類法のように、職務全体として判断するよりも、客観的な評価が可能です。

(4)要素別点数法
(4)要素別点数法

要素比較法と同様に、職務の大きさを、構成要素別に、評価する方法です。評価結果を、要素比較法のようにレベルの違いで表すのではなく、ポイント数の違いで表すのが特徴です。

要素別に、レベルに応じたポイント数を付け、その総計ポイントで職務の大きさを評価します。