職務分析・職務評価とは

職務(役割)評価は、社内の職務内容を比較し、その大きさを相対的に測定する手法です。パートタイム労働者の担う職務内容を正確に把握し、パートタイム労働者と正社員の間の均等・均衡待遇の状況を確認することや、パートタイム労働者の人事制度を見直す上で、有効なツールです。 パートタイム労働者の納得度を高め、やる気を引き出す、職務分析・職務評価を活用してみませんか。

職務分析・職務評価の導入を支援します

コンサルティング

全国どちらの企業にも無料派遣

職務分析・職務評価の手法を用いて、パートタイム労働者と正社員の均等・均衡待遇の状況把握やパートタイム労働者の人事制度の見直しを検討する企業を支援する外部専門家(職務評価コンサルタント)を無料で派遣します。

セミナー

参加無料・事前申込制

職務分析・職務評価の手法について、演習や事例紹介を通して、分かりやすく説明するセミナー(導入編・実践編)を開催します。

職務分析・職務評価の手法

職務(役割)評価とは、社内の職務内容を比較し、その大きさを相対的に測定する手法であり、人事管理上、よく用いられている人事評価とは異なるものです。
職務評価の手法について知りたい方は、こちらをご覧ください。

要素別点数法による職務評価の実施ガイドライン

このサイトでご説明している、要素別点数法による職務(役割)評価の実施方法をまとめたガイドラインです。

また、職務(役割)評価ツールをご利用いただくことで、パートタイム労働者と正社員の仕事の大きさ、均等・均衡待遇の状況をチェックすることができます。

要素別点数法とは