パートタイム労働者の雇用管理改善に向けた企業診断

パート労働者活躍企業診断サイト

お試し診断

パートタイム労働者の職務内容、人材活用の仕組みや運用等により、パートタイム労働者を3つのタイプに区分して診断します。

以下のタイプから最も当てはまるものを選択して診断を開始してください。
事業所に複数のタイプのパートタイム労働者がいる場合は、それぞれのタイプごとに診断していただくことができます。

パートタイム労働者のタイプの判別方法については、利用者マニュアルの「3. パートタイム労働者の3つのタイプ」をご参照下さい。

<詳しくはこちら>

タイプ1
通常の労働者と同視すべきパートタイム労働者

タイプ2
通常の労働者と職務の内容が同じパートタイム労働者

タイプ3
通常の労働者と職務の内容も異なるパートタイム労働者

対応環境:Windows7以降のOS(Internet Explore 8.x〜)、Mac OS
推奨環境:Internet Explore 10.x〜 最新版、Mozilla Firefox 最新版、Google Chrome 最新版、Safari 最新版