パートタイム労働者の雇用管理改善に向けた企業診断

パート労働者活躍企業診断サイト

診断について

パート労働者活躍企業診断とは?

「パート指標(※)」を活用し、自社のパートタイム労働者の雇用管理状況をレーダーチャート等で示すことで、自社のパートタイム労働者の活躍推進の取組状況や同じ業界内(同業種、同規模等)での位置づけ等を把握できます。
また、改善に向けたアドバイスや参考となる企業の取組事例も見ることができます。

取組を進めることで、パートタイム労働者の納得感や働く意欲の向上、職場への定着率のアップにつながり、長期的には、企業の成長や生産性の向上に寄与することが期待されます。

パート指標とは?

※パート指標(パートタイム労働者均等・均衡待遇指標)とは、パートタイム労働法の均等・均衡待遇の確保の考え方を踏まえ、まずはじめに、パートタイム労働者の職務の内容、人材活用の仕組みや運用等により、パートタイム労働者を3つのタイプに区分して診断する仕組みになっています。事業所に複数のタイプのパートタイム労働者がいるような場合は、それぞれのタイプごとに診断してください。
なお、設問は「自事業所の基本的属性」に加え、以下の8分野ごとに複数の設問が設けられており、全体で計65問の設問に答える形式となっています。

<詳しくはこちら>