パートタイム労働者の活躍推進の取組を発信(宣言)

パート労働者活躍企業宣言サイト

企業宣言ページ

2017年08月04日公開

地域住民とともに、医療と福祉のまちづくりを目指す。 医療法人 昨雲会

パートタイム労働者の職務内容

医師、薬剤師、看護師、准看護師、介護福祉士、ケアワーカー、管理栄養士、調理師、生活支援員、事務員等

取組の背景

女性職員が広く活躍している医療現場では、家庭の育児や介護により、勤務形態を変更せざるを得ない職員が多い。特に看護職は人材不足が顕著であり、パートタイム労働者の活躍が非常に重要である。少子高齢化により、今後さらに人材不足と家庭介護の増加は喫緊の課題である。

取組分野

  • 労働条件の明示・説明
  • 教育訓練等の能力開発
  • 人事評価・キャリアアップ
  • 正社員転換推進措置
  • 福利厚生・安全衛生
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 職場のコミュニケーション等

取組内容(取組分野で選択した分野について記載)

・入職時や労働条件の変更時に、本人の希望になるべく沿えるよう勤務形態を決定している。
・パートタイム労働者にも賞与支給あり。
・年間を通して充実した様々な院内研修のほか、院外研修にも積極的に参加可能な体制を整備。
・人事考課制度により、正規職員への登用制度も実施している。
・正規職員同様の福利厚生制度(診療費給付制度、希望健診助成、職員旅行等)あり。
・極力契約時間内で帰れる体制を整備し、仕事と家庭の調和を推進している。
・各種サークル活動を通して、職員間のコミュニケーション構築の場を提供している。

工夫した点・苦労した点

多種多様な勤務形態により、現場での勤務状況の把握の複雑化や人事部門での勤怠管理の業務量の増加がある。今後はより柔軟で効率的な勤怠管理を目指し、各部門のシームレスなシステム化を構築したい。

取組の成果・課題

社内のイントラネットを活用した相談窓口の設置を行うことで、個々の労働条件に対する対応と相談がスムーズに行うことが出来た。また働き続ける事が重要であることから、多彩な勤務パターンを提示し、部署転換・部署内業務の調整を行い、少しでも永く勤務していただけるような取り組みを行っていきたい。

今後の取組方針

地域住民の皆様と手をつなぎながら、ともに医療と福祉のまちを作り上げていくには、人材確保が必須である。より多くの方々に多種多様な働き方を提案し、一人でも多くのパートタイム労働者が活躍していただけるような取り組みを行っていきたい。「企業は人であり、人は財産である」この言葉のとおり、働く人にとって柔軟で魅力のある職場環境を目指して、今後も邁進していきたい。