パートタイム労働者の活躍推進の取組を発信(宣言)

パート労働者活躍企業宣言サイト

企業宣言ページ

2017年08月02日公開

平成29年度「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」
奨励賞(雇用環境・均等局長奨励賞)

受賞メダル

パート・タイマーのみなさんが「働きがい」を実感できるよう、諸施策を展開しています! 株式会社 常陽銀行

パートタイム労働者の職務内容

テラー、ロビー、営業店後方事務、本部事務、本部集中事務、その他

取組の背景

 当行では、パート・タイマーは重要な戦力となっており、パート・タイマーのモチベーションや定着率の向上を図ることについて人事戦略上の課題としていました。
 こうした課題に対応するため、パート・タイマーの処遇向上等の諸施策を展開し、これまで以上に働きがいを実感できるような体制を整備しました。

取組分野

  • 賃金
  • 教育訓練等の能力開発
  • 人事評価・キャリアアップ
  • 正社員転換推進措置
  • 福利厚生・安全衛生
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 職場のコミュニケーション等

取組内容(取組分野で選択した分野について記載)

①営業店勤務のパート・タイマーのモチベーション向上等を目的に時給改定(時給引上げ)を実施しました。
②高いスキルを保有するパート・タイマーを「事務スキル認定者」として評価・認定するとともに、報奨金を支給する制度を新設しました。また、パート・タイマー向けの通信講座修了者に対し、受講料全額を補助するなど、スキルアップへの動機付けを行っています。
③28年度より行員への転換機会を年2回に拡大し、キャリアアップの機会を拡充しました。 
④ワークライフバランス支援の観点から休暇制度について行員に準じた内容へ改定し、結婚休暇・忌引休暇についても付与しました。また、育児・介護関連諸制度(育児休職・介護休職(※)、子育て支援金等)の利用も認めています。
※法を上回る部分
 育児休職期間…対象となる子が満2歳に達する月の末日までとする(理由を問わず)。
 介護休職期間…同一家族の同一疾病につき、要介護状態ごとに分割の上限を3回とし、通算365日を限度とする。
⑤風通しの良い職場環境の醸成等を目的に、拠点長による個人面接を実施しています(半期に1回以上)。また、人事部においても定期的に個人面接を行い、出された意見は職場環境の改善等に活かしています。

工夫した点・苦労した点

ワークライフバランス関連の制度の見直しにあたっては、パート・タイマーにとって働きやすい職場環境となるよう、極力行員と同様の内容へ変更しました。

取組の成果・課題

【行員への登用(28年度実績)】
 応募者13名に対し、うち9名を行員として登用しました(26年度3名、27年度1名)。
 
その他取組みについては、運用面を注視するとともに、定着に向けフォローしていきます。

今後の取組方針

当行で勤務するパート・タイマーが、より働きがいの感じられる職場環境づくりに努めていきます。