パートタイム労働者の活躍推進の取組を発信(宣言)

パート労働者活躍企業宣言サイト

企業宣言ページ

2015年08月12日公開

平成27年度「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」
奨励賞(雇用均等・児童家庭局長奨励賞)

受賞メダル

ワーク・ライフ・バランスを大切に、子育て支援・多様な働き方・キャリアアップ研修を実施 有限会社伊豆介護センター

パートタイム労働者の職務内容

介護・看護・事務

取組の背景

介護業界は女性が多いため、女性の力が発揮できるよう、女性に働きやすい職場を目指している。多様な働き方により、よい人材を育成し、安心して長く働けるように、福利厚生制度・教育研修制度・保育料助成制度等の施策をとっている。

取組分野

  • 労働条件の明示・説明
  • 教育訓練等の能力開発
  • 人事評価・キャリアアップ
  • 正社員転換推進措置
  • 福利厚生・安全衛生
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 職場のコミュニケーション等

取組内容(取組分野で選択した分野について記載)

・採用面接時に希望する働き方を聞き、労働条件を明示。契約時には労働契約書を交わし再確認をしている。
・全職員を対象に月1回、2時間程度の研修を実施。研修は託児付きで子育て中の職員も参加できるよう配慮。
・研修参加状況は人事評価に反映。資格取得のための介護福祉士受験対策講座も実施。
・資格取得は賃金アップ、正社員へのキャリアアップにつながっている。
・保育料助成制度・介護手当・地域貢献活動助成金等、会社独自の福利厚生制度がある。定期健康診断は全職員対象に実施している。
・年次有給休暇取得率70%。有給休暇は内容を問わず本人の希望通りに取得できる。
・全職員対象に、悩み事を相談できる窓口を置き、職員が安心して働くことができる職場を作っている。

工夫した点・苦労した点

研修の参加率を高めるために、個人年間研修計画表を作成。自ら目標を設定することで、モチベーションアップを図った。

取組の成果・課題

・入社時や年1回の契約更新時に面談を行い、正社員転換や契約内容変更等、ライフプランに合わせて多様な働き方ができ、定着率の高さにつながっている。
・現在20名の職員が保育料助成制度・学童保育料助成制度を利用している。昨年度の育児休業取得者は3名で、出産後も働き続ける職員が多くなっている。
・研修制度を充実させることで、参加率も高くなっている。介護福祉士受験対策講座では参加者の合格率は80%と高い。
・今後は、待機児童がいる子育て世代がさらに働きやすくなるような託児制度等を考えていきたい。

今後の取組方針

子育て支援・研修制度をより充実させ、働きやすい環境整備と全職員のキャリアアップに取組み「この会社でずっと働きたい」と思える職場を目指します。