ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

コラム(ようこそ短時間正社員!) 第8話:ハーモの新たなチャレンジ

モニーの職場復帰時から、なにかと相談をしていたハーモが、ついに自分のワーク・ライフ・バランスのために動き出したようです。。。

モニー

4月から短日勤務をはじめるんですって?

ハーモ

そうなんです。大学院に行くことになりました。
夜間や休日のみで通えるビジネススクールも考えたんですけど、今のうちに、もうちょっとしっかり勉強しておきたいなと思って、前から行きたかった大学院にしました。

モニー

すごいわね。

ハーモ

やりくりしても、平日2日は日中通わないといけないので、休職しないとムリかとあきらめてたんですけどね。うちの会社が、自己啓発目的でも短日勤務で週3日勤務が可能なことがわかったんで、課長に相談したんです。

モニー

そういう例って、これまでなかったわよね。課長も驚いたんじゃない?

ハーモ

いや、課長は、モニーさんが短時間勤務を初めてから、色々と情報収集していたので、短日勤務のことも詳しくて、「がんばってみろ」って言ってくれました。
ある意味、モニーさんのお陰です。

モニー

そう言われると、すごくうれしいわ。でも、仕事しながらの受験も大変だったでしょう。

ハーモ

そうですね。でもうちの課も、ずいぶん無駄な残業が減りましたからね。平日の夜も家で勉強する時間がとれました。1年前の状況だったら、ビジネススクールに行くのにも、きっと、あと何年も見送っちゃってたような気がします。

モニー

私もあなたくらいの頃、学校に通いたいなぁと思ったけれど、結局実現しなかったわ。
やっぱり、タイミングって大事よね。思ったときに、行動できる環境があると、仕事に対して色々なチャレンジをする気になれるかも。

ハーモ

まあ、前例がないことなんで、週3日でちゃんと仕事ができるのか、お客様に理解していただけるか、不安も多いんですけどね。

モニー

なによ。私だって、営業職でほとんど初めての短時間勤務だったのよ。今度は、あなたが若手社員のロールモデルにならなきゃ。

ハーモ

う~ん、プレッシャーですけど。
でも、モニーさんをみていると、きっと仕事にメリハリがついて、これまでの3日間よりも濃い仕事ができそうな気がします。

モニー

短時間勤務と短日勤務って、実際、働いてみるとどう違うのかしらね?
この間、nemoさんが、介護の場合、短日勤務がいいとかって言ってたけど、これから希望する人が増えてきた時に、うまく仕事がまわるのかしら?

ハーモ

そうですね。また、nemoさんに聞いてみましょうか。

もしもし?今度、学校に行くために短日勤務をすることになったのですが、短時間と短日勤務の働き方って、どんなところが違うんでしょうか?

nemo

寒さがだんだん緩んできましたね。nemoです。

ハーモさんも制度を利用されることになったのですね。
短日勤務は、短時間勤務と比べると、まだ制度を導入している企業も、利用も少ない状況です。これまで短時間勤務を利用していたのは育児目的の方が多く、育児の場合ですと、平日は保育所を利用していて、保育所のお迎えのために制度を利用される方が多いので、1日の就労時間を短くする短時間勤務がほとんどなわけです。

これから介護や自己啓発、地域活動、定年延長後の働き方等を目的とした短時間正社員が増えてくれば、1週間の就労日数を少なくする「短日勤務」のニーズが増えてくるでしょう。

短日勤務の場合も、不在時に周囲の人がサポート可能なように、仕事を「見える化」し進捗状況を共有しておくことや、限られた時間で効率的に仕事をまわすことが必要であるという点は、短時間勤務と変わりません。
ただ、この点は最近では短時間や短日勤務に限らず、通常勤務で働く人の場合も同じことが必要だという認識が広まってきました。

短日勤務の場合、丸々1日不在ですので、顧客や他部との関係でスケジュール調整をする点や、緊急時の対応については、短時間勤務よりも慎重な対応が求められる面があります。
一方で、朝の仕事開始の打合せや、夕方が繁忙となる販売系のお仕事などの場合、短時間よりも仕事の調整面での課題が少ない場合もあります。とは言え、通常勤務者の目からみると、週3日勤務といった働き方は、これまでの正社員のイメージからはギャップがあるので、理解をして感情的に受け入れてもらうのに、しばらく時間がかかるかもしれません。

また、育児や介護目的ではなく、自己啓発を目的とした短時間・短日勤務制度を利用する場合は、制度利用の可能性のある社員が幅広いだけに、公平性が保たれていると言える一方で、実際の制度利用に対し、同僚が「育児や介護なら仕方ないけれど。。。」という気持ちを持ってしまう可能性があります。
育児・介護目的の制度利用以上に、会社側は制度の趣旨をしっかりと説明するとともに、制度利用者も、制度を利用する目的や、制度利用時の働き方、自身のキャリアビジョンなどを周りの人たちによく伝え、理解を求める努力をすることも重要です。

春からのハーモさんの新たな一歩を応援していますよ!
御社にとっても、女性に限らず働き方が多様化するきっかけになるでしょう。

ハーモ

そう言ってもらえると、心強いですね。でも、確かに、自己啓発のために週3日勤務にするってことを、みんなに認めてもらえるか、少し不安ですね。

モニー

nemoさんの言ってたように、あなたが、なんのために大学院に行くのか、戻ってきてどんな仕事をしたいのかを、みんなに伝えれば大丈夫なんじゃない?自分が制度を利用しはじめる時は、そういうことが重要だって気がつかなかったけれど、同僚の立場になるとそう思えるわね。
私も、もっと将来の働き方についてしっかりイメージを持たないと。

ハーモ

給与が時間比例で減らされるってことも知っておいてもらいたいですよね。
僕もモニー先輩の制度利用スタート時には、そのことを知らなかったけれど、自分が制度利用する立場になると、みんながそのことを知っていてくれるかどうか気になってきました。

モニー

そうね。でも考えたら、完全に2年間休職して学校に通うよりも、お互いにとっていい形かもしれないわね。両立は大変かもしれないけれど、お客さんとの関係も途切れず、スピードアップしている社内外の変化にも、浦島太郎にならずにすむし。

ハーモ

ええ。まだ見えないことも多いですけれど、ちゃんと制度利用の良い面を活かせるようにがんばってみます!

注:似顔絵はAbi-Stationで作成しました。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

↑ ページトップへ

サイトのご利用案内ここまでです。