ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

株式会社泰正社

導入企業一覧へ戻る

最近3年間の短時間正社員制度利用者数は?

総数:1人
うち、育児・介護を理由とする者:1人
うち、育児・介護以外を理由とする者:0人

短時間正社員制度を開始した時期は?

2017年4月

短時間正社員制度を導入した目的は?

育児支援
介護支援
自己啓発支援
ボランティア支援
パートの正社員化
傷病からの復帰支援
これから先の未来には、働く事に対する価値観の多様化に伴い、育児、介護、資格取得、等による仕事と私生活の両立、ワーク・ライフ・バランスがより重要となっていきます。弊社ではその実現のために、様々な働き方を提供し、働き方の多様性を受け入れていくことだと考えています。
『短時間正社員制度』により、フルタイム正社員が安心して長く働ける環境の実現、アルバイト・パートスタッフのステップアップの選択肢、新たな雇用の創出、といった未来への一歩を踏み出すことが目的です。

短時間正社員制度を導入した背景や経緯は?

これまでも弊社では様々な働き方の仕組みや、ワーク・ライフ・バランスの実現を第一に、業務負担の軽減や働きやすい環境作りを考えてきました。店舗業務を仕分けて、その中の難しくない業務をアルバイトスタッフにお願いする仕組みや、休日数を増やす、営業時間の短縮、などの労働環境改善です。
 その様な折、優秀なスタッフであった女性の正社員が妊娠し、産休・育休を取得する事になりました。産休に入る数ヶ月前から産・育休後の働き方について、「正社員として続けていきたいのですが、
育児短時間勤務の期間が過ぎたら、今の勤務時間だと育児との両立ができません。
でもパート勤務では経済的に不安なので、早めに転職の準備を進めようかなと
考えています。」と相談を受けました。長く勤めてくれている社員であり、優秀な人材でもある彼女のために何か出来る事はないか、どうすれば育児と仕事の両立が図れて、長く働いてもらう事が出来るのかを考え、色々と調べていった先に辿り着いたのが『短時間正社員制度』でした。

短時間正社員の賃金や評価はどのようにしていますか?

賃金については、フルタイム正社員の所定労働時間に対する、短時間正社員の所定労働時間の割合に応じて支給しています。
評価については、労働時間当たりの評価軸を設けて平等な評価となるよう配慮しています。

短時間正社員の勤務時間および日数は?

(1)1日あたりの勤務時間:
1日あたり6~7時間勤務

(2)1週あたりの勤務日数:
1週あたり5日間勤務

短時間正社員として就業可能な期間は?

本人の求めに応じ、無期限に就業可能としています。

短時間正社員へ配慮していることは?

退勤時間にちゃんと帰れるように、周りの従業員が理解をして仕事を引き継いであげたり、協力体制を構築することです。

短時間正社員制度の社内への告知方法や利用促進策は?

ホームページ、社内文書での告知や、フルタイム勤務が難しくなる正社員、パートタイム従業員への勧奨を行っています。

短時間正社員制度を導入した効果は?

優秀な人材の安定雇用とワークライフバランスの実現には、非常に効果が高いと実感しています。

制度の導入や運用にあたっての課題・問題は?

社外において、弊社が短時間正社員制度を実施している事の認知度がまだまだ低いと思うので、対外的な告知を積極的に行い、社内・社外を問わず制度を利用していただきたいと考えています。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

↑ ページトップへ

サイトのご利用案内ここまでです。