ここから本文です

トラスコ中山(株)

パートタイム労働者雇用管理改善マニュアル・好事例集(運輸業、卸売業)より

【物流センター内作業者】人事考課に基づく年2回の賞与支給や多様なインセンティブ制度、充実した福利厚生で意欲向上と職場定着を推進

2.賃金・労働時間
3.教育訓練等の能力開発
4.人事評価
5.キャリアアップ・
正社員転換推進措置
6.福利厚生・安全衛生
8.職場のコミュニケーション等
所在地 東京都、大阪府 業種 卸売業
従業員数 1961名 パート労働者数 691名
ポイント
  • 人事考課を実施し年2回の賞与を支給。
  • 技能や支店業績に応じたインセンティブを支給。
  • 正社員と同様の充実した福利厚生。

(1)企業概要・人員構造

同社は1959年(昭和34年)5月に創業、「がんばれ!!日本のモノづくり」を企業メッセージに、機械工具、物流機器、環境安全用品をはじめとした工場用副資材の卸売業及び自社ブランドの企画開発・販売を行っている。約2,000メーカーと自社ブランドの120万点を超える商品を、全国の機械工具商、ホームセンター等5,400社超に販売し、モノづくりの現場のニーズに対応している。東京と大阪に本社事業所を置き、全国に支店83か所、物流センター16か所の拠点を有する。物流センターは、地域管轄内にある複数支店の物流拠点としての位置付けである。

物流センターでは最大21万点にのぼる商品在庫を保有し、各販売先に1日2回の配送ができる物流システムを全国で構築している。また、カタログやインターネットからの受注も、そのほとんどについて即日・翌日配送で対応している。

パート社員(短時間労働者)の多くは、物流センターにおいて商品のピッキング(倉庫内における商品発送のための仕分け作業)及び梱包・出荷業務に従事している。物流担当の正社員は、人員不足時にパート社員と同じ業務を行うこともあるが、主として一定の責任が付随する管理・判断業務に従事し、パート社員にはない転勤もある。

パート社員は6か月間の期間契約であるが、適格性に欠けた人物でない限り、そのつど書面を取り交わして契約更新している。給与は時給制で、他に独自の賞与が支給されている。退職金はない。

パート社員は、育児から手の離れた中高年が中心で、女性の構成比が高い。求人の際、必ずしも長時間勤務を条件にしていないにも関わらず、週30時間以上を所定労働時間とするパート社員が多く、社会保険が適用され、所得税法上も控除対象配偶者とならない所得を得るパート社員が多くを占めている。なお、勤務時間については採用面接時に聴取した本人の希望を斟酌している。

(2)取組の背景

受注を受けてから商品を発送するまでにおけるピッキング等の業務は、比較的単純作業ではあるが多くの人手を要する。多種多様な商品を迅速・正確に発送するためには、パート社員の存在は極めて重要であり、同社では大切な戦力と認識している。

パート社員も同じ社員であるというトップの意向もあり、その働きやすい環境づくりを目指す雰囲気が社内に醸成され、職場環境の向上に関する取組も着実に行われてきた。

(3)取組の内容

人事考課を実施し年2回の賞与を支給

パート社員のモチベーション向上と経営能率向上を目的として、半期ごとに人事考課を実施しており、それに基づき賞与を支給している。

人事考課においては、「姿勢能力ポイント」、「業績ポイント」をそれぞれ5段階で評価し、その組み合わせによって上期、下期それぞれの対象期間における考課評語を決定している。

考課評語決定マトリックス

考課は、次のとおり3段階制である。

考課者

1次考課者 内勤の責任者・フロア責任者(正社員)
2次考課者 支店長・センター長
3次考課者 営業部長、物流部長

賞与は、「基準額」に対し考課評語に応じた「変動率」を乗じて計算した額が支給される。基準額は、週所定労働時間35時間以上と35時間未満で異なる額が設定されている。また、変動率は、Bを100%として設定されており、最高のA+の場合は200%となっている。

変動率表

考課評語 A+ A A- B+ B B- C+ C C-
変動率 200% 100%

なお、考課対象期間の途中に入社したパート社員に対しては、その期の人事考課は行わず、賞与基準額を入社日に応じ逓減させて支給している。入社日によっては、半期(6か月)を待たずに賞与が支給されることになる。

多様なインセンティブ制度

社内試験として、取扱商品の商品知識を問う「オレンジ博士」試験が年2回実施されている。試験に合格すると1年間、毎月1万円が「オレンジ博士手当」として支給される。パート社員も受験でき、合格すると同額の手当が支給される。合格率2%の超難関試験であるが、合格する意欲的なパート社員もいる。

また、半期ごとに売上目標達成率や粗利率の高い上位10支店が「あきんど大賞」として表彰されている。対象となった支店にはその順位に応じ、パート社員を含めた所属員全員に賞金が支給される。

その他にも、月ごとの支店売上目標を達成するとパート社員を含めた所属員全員に達成奨励金(物流センターのパート社員は地域管轄支店の合算売上目標達成時)が支給されるなど、多様なインセンティブ制度が用意されている。

パート社員も対象となるインセンティブ制度

項目 摘要 パート社員支給額
オレンジ博士 会社の取扱商品知識を問う社内
試験合格時
1年間毎月1万円支給(計12万円)
あきんど大賞
(支店勤務のパート)
半期ごとの売上目標達成率等
上位10支店以内
順位に応じて3,000円~30,000円
達成奨励金
(支店、物流センター勤務のパート)
月ごとの支店売上及び地域管轄
支店合算売上目標達成時
3,000円

正社員と同様の充実した福利厚生

社員に特に好評を得ているのが、全国17か所のリゾートマンションを特別価格にて利用できる制度である。正社員、パート社員に関わらず、同伴するその家族も併せて利用できる。

また、正社員、パート社員及びその家族まで対象とした、心身の健康維持・ケアを目的にヘルスケア課を設置しており、外部機関とも連携しながら、メンタル・ヘルスケアカウンセリングを実施できる環境を整えている。さらに、正社員、パート社員に加えその被扶養配偶者も対象とした、ミニドックへの費用補助を会社が行う制度も設けている。

職場内コミュニケーションの活性化、事業所を超えた情報共有化

職場における良好なコミュニケーション活性化を推進するため、1回1名当たり5,000円(年末は10,000円)を年間4回、会社から親睦会費として支給している。これは、「コミュニケーションマネー制度」と呼ばれ、各職場ではこの制度を利用して正社員、パート社員が一緒に旅行やレジャー企画を催すなど、親睦を深めている。

また、全国に拠点が存在するため、事業所を超えた情報共有化ツールとして社内報「はんどめいど」を年4回発行し、パート社員を含めたすべての従業員に配布されている。同誌は、会社の現況報告、社員の慶事、新入社員の紹介、支店の活動紹介、ご当地紹介等を読みやすくまとめて情報提供することにより、会社と従業員及び従業員同士をつなぐことを目的としている。

社内報「はんどめいど」(表紙)

ワーク・ライフ・バランスの支援

同社は、2008年に「くるみんマーク認定」1を受けており、社員のワーク・ライフ・バランスを支援する職場風土がある。パート社員についても、法定を超えて子が3歳到達月の末日まで育児休業を取得できる制度等が用意されている。また、育児や介護と両立しやすいように、労働時間の柔軟な変更にも個々に対応するなど、働き続けやすい環境づくりを行っている。

自主的な学習意欲への支援

正社員、パート社員の区分なく、また職務と直接関係がなくとも、自主的な幅広い知識の習得に向けた学習意欲を支援している。通信教育業者と連携し、コミュニケーション向上講座や簿記、ボールペン字など100以上の講座メニューを自社で1つの冊子にまとめ、全員に配布している。従業員はメニューから希望する講座を受講し、講座カリキュラム内のテストで合格点をとるなど期間内に一定の成績を残せば受講料の半額を会社が補助している。

(4)成果と課題

パート社員の定着率はおおむね良好であり、働きやすい環境づくりが奏効しているものと考えている。現在はさらに、入社時当初のミスマッチングによる早期退職者を防ぐため、入社予定者に対し2週間程度の期間、トライアル的に職場を体験してもらう仕組みを実施している。

また、人事考課をもとにした昇給制度を構築中で、意欲的なパート社員ほど昇給できる制度内容とし、さらなるモチベーション向上と優秀な人材の確保・定着につなげていきたい。

一覧へ戻る