ここから本文です

株式会社J

パート労働者活躍企業診断サイト事例集より

女性パート労働者が働きやすい職場づくりが人材の確保や定着へ

1.労働条件の明示、説明
2.賃金・労働時間
3.教育訓練等の能力開発
4.人事評価
6.福利厚生・安全衛生
8.職場のコミュニケーション等
所在地 神奈川県 業種 運輸業
従業員数 873名 パート労働者数 727名
事業概要 物流センター事業(⼊荷・在庫管理・出庫・ピッキング)、配送事業、トラック運送事業

(1)取組の内容

1. 労働条件の明示・説明

  • 採用の際は、雇用契約書とともに個別に就業規則を書面で渡して説明している。パート労働者から労働条件などの質問がある場合は答えられるようにしている。
  • 就業規則は会社が作成したが、組合からの申し入れに応じて規則改定を行っている。現場の要望は、現場のリーダー会→部長会(月1回)→取締役会と進み、就業規則改定となる。具体例として、子育て中の女性からの要望があり、勤務時間帯の選択制を導入するなど、自由度を高める改定を行った。
  • 雇用や労働関係に関わる必要情報は必ず書面にして渡すようにしているが、文章が苦手な人も多いことから、理解しやすい書類作成のための文章の簡潔化や明瞭化について、関連部署(マンパワーセンター)で検討会議を行っている。

3. 教育訓練等の能力開発

  • 採用時に、安全に関する知識や社内のルール等について説明している。
  • 業務に関する教育は、実際の現場が取引先ごとに分かれており、仕事の方法や進め方が異なることから、リーダー指導によるOJTが基本となる。また、業務初日が終わった際には、分からなかった点、上手くできなかった点等を聞き、対応を指導する時間を取っている。

2. 賃金/4. 人事評価・キャリアアップ

  • 人事考課は年2回、上半期と下半期に行い、評価結果を給与に反映するようにしている。評価基準も作業内容ごとにポイントを決めている。また、評価基準に変更の必要性が生じた場合は、リーダー会→部長会のプロセスで見直しが行えるような体制も構築している。加えて、評価に合わせて自己申告書も配布し、パート労働者の要望を取り入れることに配慮している。
  • パート労働者の中で、能力が高かったり、人をまとめられる能力のある人材については、リーダーとして登用するなどステップアップ(給与アップ)できる体制もある。
  • 契約満了後に、一度仕事を離れても再雇用する「リピーター制度」がある。「リピーター制度」には前回の勤務時の評価によって給与の加算等がある。

6. 福利厚生・安全衛生

  • パート労働者727名のうち451名が女性であり、女性が重要な労働の担い手となっているため、働きやすい環境づくりの一環として、衛生環境に関して毎年予算化し、トイレの改修等(ウォシュレット導入等)を行っている。また、健康への配慮の観点から、禁煙者と喫煙者の休憩所を分離した。
  • 事故の事例をタイムカードの横の壁に提示し、パート労働者の誰もが毎日目につくようにし、安全への意識向上を促している。

8. 職場のコミュニケーション等

  • 女性のパート労働者が多いため、女性の相談窓口を設け、話を聞きやすい体制をつくっている。
  • 何かあった時に意見を言うことができる制度として「パート意見箱」という投書の箱を設けており、パート労働者、正社員を問わず意見を反映できるようにしている。これにより、意見を受け入れるという会社の姿勢を示している。
  • よい提案をしてくれた社員には、正社員・パート労働者を問わず、社長賞が贈られる。また、現場からの社長賞への推薦もある。

(2)取組の成果

1. 労働条件の明示・説明

  • 「リピーター制度」があること、昇給制度があること等をきちんと説明することで、頑張れば給与が上がるという意識づくりにつながっており、パート労働者のモチベーション向上に結びついている。

4. 人事評価・キャリアアップ

  • 評価基準が明文化されているため、パート労働者にとって納得感がある。また、現場のリーダーへの登用や社長賞があることが共有されており、パート労働者の士気向上に寄与している。士気が上がることにより、自発的な行動が促され、ミスも自ずと減少している。

一覧へ戻る