ここから本文です

株式会社G

パート労働者活躍企業診断サイト事例集より

OFF-JT活動の充実や人事評価の見直しが、パート労働者のやる気や昇格に寄与

3.教育訓練等の能力開発
4.人事評価
7.ワーク・ライフ・バランス
所在地 ⼭梨県 業種 製造業
従業員数 470名 パート労働者数 40名
事業概要 ⾃動⾞部品製造

(1)取組の内容

3. 教育訓練等の能力開発

  • これまでパート労働者の参加率が良くなかったQCD教育を必須研修制度として導入し、OFFJT活動の一環として取り組んだ。また、QCD教育は勤務時間内に実施することで、仕事の一環であることとした。これにより、パート労働者における時間外教育の負担を軽減した。
  • パート労働者も含め全職員が対象となるビジネスライセンス表彰や課題達成型提案、問題解決型提案による表彰制度を導入している。

4. 人事評価・キャリアアップ

  • パート労働者への5段階評価制度を設定し、年2回所属長が評価している。項目は業務への取り組み姿勢、改善の意識、コミュニケーション能力などである。
  • この評価をパート労働者にフィードバックする際、書面を用いて所属長と面接形式で行っている。かつてはパート労働者に対する評価を個別に面接で実施することは無かったが、正社員と同等の取組とした。

7. ワーク・ライフ・バランス

  • 育児短縮勤務制度(パート労働者も対象。勤務日数及び勤務時間を短縮できる制度)について、これまで子供が小学校就学前までだった期間を小学校3年生までの期間に延長した。

(2)取組の成果

3. 教育訓練等の能力開発

  • QCD教育の成果として、パート労働者の中にも各種表彰制度へ前向きに取り組む姿勢が見えてきた。
  • ビジネスライセンス表彰はQC(品質管理)検定に合格することで報奨金が出るものであり、パート労働者のチャレンジのきっかけとなっている。

4. 人事評価・キャリアアップ

  • 評価のフィードバックを面接形式で実施したことにより、直接本人からキャリアアップを望む声を吸い上げることができ、所属長がパート労働者を推薦し、準社員に昇格した例があった(パート→準社員→正社員)。

一覧へ戻る