ここから本文です

株式会社B

パート労働者活躍企業診断サイト事例集より

社員間で得意分野を教え合うOJTが社員の積極性向上やスキルアップに寄与

1.労働条件の明示、説明
3.教育訓練等の能力開発
7.ワーク・ライフ・バランス
8.職場のコミュニケーション等
所在地 埼⽟県 業種 建設業
従業員数 85名 パート労働者数 9名
事業概要 太陽光発電システム施⼯、空調・冷暖房取り付け⼯事、各種リフォーム等

(1)取組の内容

1. 労働条件の明示・説明

  • 雇用契約書をもとに、面接時に書面を用いて詳しく説明し、不明点や疑問点を解消。
  • 採用後も、半期に1回程度就労条件を含め、業務の取組等の話し合いの場を設けている。

3. 教育訓練等の能力開発

  • 一般的に社員が不得意な作業を得意としている社員が、ノウハウを教えるOJT会議を定期的に開催。
  • 例えば、電話対応が得意な年配社員が若手社員を指導し、逆にパソコン操作に強い若手社員が年配社員に教える等。
  • 不足する能力を社員間で補うことができる仕組みにより、業務上のスキルアップにつなげている。

7. ワーク・ライフ・バランス

  • パート労働者には残業をさせないことを原則としている。
  • 勤務時間については、①9時~16時、②9時~17時の2パターンを整備し、働きやすい方を選択してもらう。これにより子育て世代の女性が働きやすくなった。

8. 職場のコミュニケーション等

  • 個人面談を定期的(6ヶ月に1度)に設け、良いところは褒め、悪いところは認識してもらい、自主性の向上やスキルアップを図っている。
  • コミュニケーションの活性化と同時に、スキルアップにつなげることが目的であり、今後、面談の回数を増やすことを検討している。

(2)取組の成果

1. 労働働条件の明示・説明

  • 就労後のトラブルは全くない。

3. 教育訓練等の能力開発

  • 得意分野の相互補完では、社員の積極性の向上(電話に積極的に出る、パソコン操作で分からないことはすぐ聞いて自分のものにする等)など効果が出ており、スキルアップにもつながっている。

7. ワーク・ライフ・バランス

  • 子どもの送迎や帰宅時間に家にいることができるなど、子育てと就労が両立できるようになった。

8. 職場のコミュニケーション等

  • コミュニケーションの活性化によって職場の雰囲気が良くなった。
  • また、良いところを褒めることでパート労働者のやる気につながり、言われたことだけをする姿勢から、考えながら働くことへつながっている。

一覧へ戻る