ここから本文です

(株)オリエンタルランド

パートタイム労働者雇用管理改善マニュアル(平成27年度版)より

個々人の働き方に合わせたワークスタイルの選択制度や、適正な評価に基づく昇給・昇格制度、さらにキャリア支援や独自のコミュニケ―ション施策等複合的な施策により従業員のやる気を高め、定着を促進

2.賃金・労働時間
3.教育訓練等の能力開発
4.人事評価
5.キャリアアップ・
正社員転換推進措置
8.職場のコミュニケーション等
所在地 千葉県 業種 生活関連サービス・娯楽業
従業員数 約21,000名 パート労働者数 約18,000名
事業概要 娯楽業
ポイント
  • 働き方に合わせたワークスタイルの選択ができる。
  • フィードバックシートを用いた適正な評価制度と、貢献度に見合って決定される5段階のグレードアップ(昇格)制度。
  • 賃金制度見直しとキャリアモデル提示による生活の安定。
  • ビジネススキル研修の導入や社員登用によるキャリア支援。
  • 表彰制度やサンクスデー等の独自の施策によるモチベーションの向上。

1. 企業概要・人員構造

昭和35年設立の同社は、千葉県浦安沖を埋め立て、商業地・住宅地の開発と大規模レジャー施設の建設を行い、国民の文化・厚生・福祉に寄与することを目的として設立された。昭和55年に「東京ディズニーランド®」の建設に着工、昭和58年に開園する。その後平成12年に「イクスピアリ」及び「ディズニーアンバサダーホテル®」を開業し、平成13年に「東京ディズニーシー®」を開園するなど、舞浜地区中心にテーマリゾートを運営している会社である。事業領域を「心の活力創造事業」とし、「自由でみずみずしい発想を原動力に、すばらしい夢と感動、ひととしての喜び、そしてやすらぎを提供します。」という企業使命の思いを、主にテーマパークやホテル事業で人々に伝えている。

同社の従業員は、主に正社員、テーマパーク社員(テーマパークの運営業務を担う1年契約の契約社員、フルタイム勤務)1、準社員の3つの雇用区分から構成されており、正社員が約2,200名、テーマパーク社員が約800名に対して、準社員が約18,000名と従業員の約85%を占め、そのうち約8割が女性である。いわゆるパートタイム労働者は、準社員の多くがこれに当たる。準社員は、アトラクション、飲食施設、商品販売施設等での接客や運営管理業務を行い、テーマに沿った役割として演じることから「キャスト」と呼ばれている。

正社員には総合職と専門職があり、部門長、マネージャー、ユニットマネージャー(担当施設の店長等の責任者)等の役職に就いている。ユニットマネージャーの下にスーパーバイザー(以下、「SV」)が配置され、早番・中番・遅番の時間帯責任者を担っている。SVには正社員又はテーマパーク社員が就いている。

準社員は働き方に応じてワークスタイルを選択でき、週2日~週5日の勤務となる。時給は基本時給に職種ごとの調整給を上乗せした金額であり、調整給は職種の専門性、外部環境の変化を鑑みて決定されている。また、スキルや経験に応じた5段階のグレードアップ(昇格)制度(詳細は後述)があり、評価や昇格によって時給も昇給する仕組みになっている。

1 テーマパーク社員は平成28年4月1日より無期雇用の正社員(テーマパークオペレーション職)に転換する予定。

2. 取組の背景

同社は、テーマパーク事業を中心として、「夢、感動、喜び、やすらぎ」を人々に提供するため、従業員がモチベーションを高め、意欲的に仕事に取り組めるよう、様々な施策や制度を導入し、改善し続けている。

現在の人事制度は平成17年に改定され、個々人の働き方に合わせワークスタイルを選べる制度や、経験と共に新たな役割にトライするグレードアップ制度を導入した。

上記のフレームは継承しつつ、平成28年4月に準社員の生活の安定と成長支援を目的として賃金制度と教育制度を改定する予定である。

3. 取組の内容

働き方に合わせたワークスタイルの選択

準社員は自らの働き方に応じてワークスタイルを選択できる。「スタンダード」は週5日勤務で、社会保険に加入する。「パートタイム」は週2日~週4日勤務で主に主婦、学生の勤務スタイルであり、社会保険加入はない。「シーズナル」は約2か月から最大4か月の勤務で、例えば学生が夏休みの間だけ働くというような短期間契約になる2

このように、それぞれのワークスタイルによる管理・運用を行うことで、会社側としては雇用管理を緻密に行うことができ、働き手としては月の勤務時間の予測がつくため、収入を把握しやすくなる。

ワークスタイル一覧

スタンダード 週5日勤務 社保加入あり
パートタイム 週2日~週4日勤務 社保加入なし
シーズナル 最大4か月

評価制度と5段階のグレードアップ制度

準社員の評価はSVが半期に1度、「評価フィードバックシート」を用いて行う。SVはこのシートに評価者コメントを記入するが、準社員本人も、自分が努力したポイント、課題として感じたポイントを書く欄も設けてあり、本人の意見も聞きながら面接を行う。準社員に求められる要件としては、「パフォーマンステーマ」と「スキルテーマ」の2つがある。「パフォーマンステーマ」とは、準社員として働く上で求められる行動要件であり、内容としては、後述するSCSEの4つの行動規準を満たしているか、勤務の態度、勤怠について等をSVがチェックし、準社員にフィードバックする。もう一方の「スキルテーマ」とは、5段階のグレード(資格)毎に求められる要件である。

準社員には「M・A・G・I・C」の5段階のグレードが設定されており、業務内容や習熟度合に応じてグレードアップにトライすることができる。グレードアップの機会は年に2回あり、いずれも準社員の成果や貢献度に見合って決定される。また、グレードアップした際は、そのグレードに求められる意識や行動を伝える教育プログラムが用意されており、準社員一人ひとりの成長を支援している。それぞれのグレードに求められる要件は以下の通り。

グレード要件一覧

グレード 主な役割 要件
M
  • 見習い期間
  • 約2か月の試用期間。上司や先輩のサポートが必要
A
  • 新人
  • 独力で標準的なオペレーションが行える
G
  • 自ら行動
  • 後輩サポート
  • 状況に合わせ、自ら進んで行動できる
    スキル面でアドバイス、マインド面で良き相談相手となれる
I
  • 手本
  • トレーナー
  • 他者の手本となるオペレーションができる
  • トレーニングに加え、スキル面・マインド面でフォローができる
C
  • リーダー
  • リーダーとして、ロケーション全体視点を持ったオペレーションを行う(社員補佐)
  • スキル面・マインド面で成長支援ができる

賃金制度見直しとキャリアモデル提示による生活の安定

平成28年4月からは、G・I・Cの各グレードの役割に応じて、時給の上限を引き上げ、より安心して働き続けることができる賃金制度へ改定する。また、時給上限を引き上げることによって、評価と昇給を継続的に連動させることができるため、仕事や自身の成長へのモチベーション維持・向上につなげてもらうことも期待している。

《参考》Cキャスト時給上限 現在1,100円→改定後1,350円

約1万8千名在籍する準社員には様々なライフスタイルやキャリアプランがある一方で、将来のキャリアや収入に対する不安を払しょくするため、分かりやすい「働き方モデル」を複数設定し、そのモデルに合わせた年収水準を伝えていく。

ビジネススキル研修の導入や社員登用によるキャリア支援

現状のキャスト教育は、入社後、まずディズニーの理念教育から入る。ディズニーの理念や世界観、SCSE という行動規準「4つの鍵」についての理解を図る。その後、各部門に配属した後、ディビジョン研修(部門別研修)を行う。次にOJT(実地トレーニング)でマニュアルに沿ってトレーニングを行う。レジ操作、食器の洗い方等について一定水準のスキルを獲得したと確認した後、キャストとしてデビューとなる。この確認はトレーナーが就業場所毎のチェックシートに基づいて行う。研修は最低でも5日間かけて行われ、基本的なことを押さえた上でデビューさせ、さらに現場の中でトレーナーがフォローしていく形をとっている。

平成28年4月より、上記ディズニー教育において「サービスマインド研修」や「リーダーシップ研修」といったクラスが新設となる、米国ロサンゼルスのディズニーランド・リゾートを訪れる海外研修を定期的に実施している。参加は公募制で、評価・推薦で決定し、費用は会社負担、勤務扱いとなる。平成27年度は40名が参加している。

さらに、個々人のキャリアモデルに合わせたキャリア支援として、コーチングやロジカルシンキング等のビジネススキル研修を実施する。

現在も実施している準社員からテーマパーク社員への登用制度は、今後も正社員への登用制度として継続する。現状、登用試験は年1回あり、筆記試験や面接試験を行い、合格するとテーマパーク社員に登用される。試験の実施については掲示板や従業員用施設に案内を貼り出すなどにより、候補者に対して広く周知される。毎年十数名から多い年は30名程度が登用されている。

表彰制度やサンクスデー等の独自の施策によるモチベーションの向上

準社員の働きがいや成長を支援しつつ、より実感してもらえるよう、以下のような様々な施策を複合的に実施している。

ファイブスタープログラム

SCSEに基づく良いゲストサービスを行ったキャストに、上司がその場で直接メッセージを記入したカードを渡すプログラム。カードをもらったキャストは、オリジナルの記念品がもらえるほか、特別なパーティーに参加できる。

スピリット・オブ・東京ディズニーリゾート

優れたホスピタリティをキャスト同士で互いに認め合うプログラム。メッセージ交換の結果を基に選ばれたスピリット・アワード受賞者には、ネームタグに着用できるピンが授与される。

長時間勤務表彰制度

勤続の節目を迎えたキャストに、累積勤務時間に応じて東京ディズニーリゾート・ギフト券等の記念品、勤続年数に応じてピンが授与される。

サンクスデー

一年に一度、閉園後のパークを貸し切り、上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしする、キャストのためだけのプログラム。セレモニーやスペシャルメニュー等があり、いつもと違ったパークを楽しむことができる。

キャストカフェ

キャスト同士が部門を超えて、お互いの取組等を共有し合う場を設けることで、キャストがたくさんの仲間に出会い、様々な価値観に触れて視野を広げ、各々の自主的なアクションにつながることを目指すコミュニケーションプログラム。

2 「シーズナル」以外の準社員の契約期間は通常半年で最大1年となっている。これは評価のフィードバックのタイミングを半年にすることでこまやかな成長を促すためである。

4. 成果と課題

準社員のモチベーションを向上させる様々な取組の成果により、離職率は他の企業の平均より低く、優秀なキャストの定着につながっている。また、新たな賃金制度やキャリア支援については、今後のパートタイム労働者の新たな働き方を提案するものになると考えられる。

一覧へ戻る