ここから本文です

(株)I&Rビジネスアシスト

平成27年度パートタイム労働者活躍推進企業支援事業(雇用管理改善)より

労使双方が納得できる人事評価制度を実施

4.人事評価
8.職場のコミュニケーション等
所在地 東京都 業種 サービス業
従業員数 15名 パート労働者数 10名
事業概要 専門サービス業
ポイント
  • 労使双方が納得できる人事評価制度を実施。
  • ランチタイムを経営情報の共有や社員との親睦を深める時間に有効利用。
  • 社員の家族も大切にする社風。

1. 企業概要・人員構造

同社は、新宿を基盤に約20年の実績を持つ会計事務所「I&R総合会計事務所(旧称:寺尾公認会計士税理士事務所)」の子会社として平成17年に設立された、経理アウトソーシング・経営計画立案支援等を行う会社である。同社の主とする業務である記帳代行業務は、もともと親会社のI&R総合会計事務所において創業期の会社のサポートとして行っていたが、受託する業務の増加を背景に事業計画の策定支援や事業の未来をサポートする提案相談業務に注力できないという問題点があった。また、社内の経理業務だけを委託したいといった顧客の要望もあり、アウトソーシング業務のみを行う同社が設立された。

同社の雇用区分は、正社員とパートタイマー(パートタイム労働者)の2区分となっている。親会社のI&R総合会計事務所と同じフロアにオフィスを構えており、同事務所の正社員が同社の正社員としての業務を兼務している。正社員が同社の顧問企業の担当、及びパートタイマー・事務所全体の管理等を行っているのに対し、パートタイマーは主に記帳代行業務と給与計算業務を行っている。

パートタイマーの労働時間は10時から18時の実働7時間、10時から16時の実働5時間の2種類となっており、【1日5時間・週3日勤務】が5名と最も多く、【1日7時間・週5日勤務】、【1日7時間・週2日勤務】がそれぞれ2名ずつ、育児休業中の者が1名、計10名となっている。年齢層は20~50代と幅広いが、40~50代の主婦が主力となっている。初回の労働契約は3か月契約、以降1年間の自動更新(実質無期)となっており、現在の平均勤続年数は約4年である。また、社会保険の加入要件を満たす者はすべて加入している。

正社員とパートタイマーの労働条件の違いとして、正社員は日給月給制、パートタイマーは時間給制である。

2. 取組の背景

同社の業務の大半はパートタイマーによって行われており、働きやすい職場づくりによる長期定着が重要な課題となっている。

3. 取組の内容

労使双方が納得できる人事評価制度

同社の人事評価は、情意(同社の理念を理解して仕事に取り組んでいるか、挨拶、身の回りの整理整頓等)3項目、能力(どの程度のレベルの業務に取り組めるかなど)4項目、成績(期限内に成果物をあげられたかなど)3項目の計10項目について自己評価を行う。なお、情意項目についてはパートタイマー1名につき、2名のパートタイマーからの他己評価も行われ、その後上司による全体の評価が加えられる。その結果について代表取締役、上司、パートタイマーの三者による30分から1時間程度の面談を実施する。その際、パートタイマー本人が行った自己評価について意見聴取を行った上で評価のフィードバックを行う方法を採用しているため、会社側からの一方的な評価にならず、労使双方が納得した上で最終的な評価となる。また、この評価を基に時給の改定が行われる。

ランチタイムを経営情報の共有や社員との親睦を深める時間に有効利用

同社では毎月第2営業日にパートタイマーと上司とでランチミーティングを行っている。これはパートタイマーから自主的に希望があり実現に至ったもので、第1営業日に親会社のI&R総合会計事務所の職員が行う社内会議で決まった連絡事項や改善事項等をタイムラグなくパートタイマーに伝達するためである。日中は通常業務で忙しく、パートタイマー全員が一堂に会する機会も少ないことから、パートタイマー間の情報共有を行う上でも大きな役割を果たしている。

また、月1回はランチタイムに全従業員が参加する親睦会を開催しており、社員とパートタイマーとの区分に関わらず、親睦を深めることができている。

パートタイマーとその家族を大切にする年2回の社内イベント

同社では社内全体のBBQとボーリング大会が毎年恒例行事として開催されている。これは社内の親睦を深めるとともに、パートタイマーへの慰労という意味も含有しており、休日や夜に開催すると、パートタイマーの参加が難しいため平日の日中に開催される。また、BBQは例年8月に開催され、夏休み中の子ども等、家族連れで参加することができる。これらの行事の費用は全額会社負担で行われている。

さらに同社では毎年パートタイマーを含めた従業員全員の誕生日にプレゼントを贈っているが、従業員だけでなく、その家族の誕生日にも毎年誕生日プレゼントを贈っている。家族も含め、従業員を大切にする温かな社風が、パートタイマーの長期雇用につながっている。

4. 成果と課題

同社では、最近1年間でのパートタイマーの退職者はおらず、パートタイマーの平均勤続年数も伸びていることが上記の取組の成果と言える。会計事務所の担当者の変更があっても、記帳代行や給与計算を担当するパートタイマーが変わらないため、顧客には継続的に質の高いサービスを提供することができている。

一覧へ戻る