パート労働者のためのキャリアアップに関する情報サイト

メニュー

ここから本文です

キャリアアップ事例

キャリアアップに成功した方々を紹介します。
自分の希望の働き方について、キャリアアップを目指しましょう

株式会社 ふらここ
石川 なつめさん(製造部 検品チーム)

石川 なつめさん

気づいたら即行動!
その積み重ねで同僚・後輩に慕われる存在に

会社データ(2015年12月現在)
【事業内容】日本人形等の製造・販売
【従業員の内訳】正社員5名、パートタイマー12名

キャリアアップ~STORY

はじめての職人仕事、先輩の背中を見て学ぶ

2014年夏ごろ、当時4歳のお子さんを育てながらパートとして働くことを希望していた石川なつめさんは、「派遣期間終了後、労働者本人と派遣先企業双方合意のもとに社員となる」という紹介予定派遣の利用を考えていました。はじめてふらここを訪れた際、「かわいい雛人形に囲まれてお仕事ができたら楽しいだろうな」と思い、派遣社員として働き始めました。

勤務開始当初から石川さんは、週5日×6時間のシフトで働いています。最初の仕事は雛人形の「最終仕上げ」の仕事でした。人形はすべて「頭師(かしらし)」の職人によって制作されますが、本社に届いた段階では、髪の長さが長い状態だったり、曲がっていたりするので、仕上げとして適切な長さにカットし、丁寧に整える必要があります。

一通りの仕事内容は社長から直接指導を受け、その後は先輩にマンツーマンで細かい作業を習います。「雛人形自体、そんなに見る機会があったわけではないので、まったくゼロからのスタートでした。人形の制作は一つひとつが手作業という職人仕事なので、基本的には先輩の背中を見て覚えていきました。仕事は細かい作業で難しく、頭の痛い毎日だったのを覚えています。最初は1日1、2体の仕上げが関の山でしたが、1か月が経過した頃には1日の作業ノルマをこなせるようになっていき、仕事も楽しくなってきました。」そして2か月後には、その仕事ぶりが認められ、社長から「直接雇用のパートになりませんか」と声がかかりました。もちろん石川さんはそれを快諾します。

作業の円滑化のため、率先して仕事を引き受ける

半年後、「最終仕上げ」に慣れてきた石川さんがとりかかったのは、「品質管理」の仕事です。品質管理の仕事では、「頭師」から納品された人形の数と、その人形に傷みや不揃いがないかどうかを確認します。人形によってまゆ毛の位置や墨の濃さなどにバラつきがあり、場合によっては、「頭師」の職人に修正依頼をする必要がでてきます。

以前は職人との連絡はすべて社長を通して行っていました。石川さんの以前にも品質管理の仕事を担当している社員はいましたが、仕事が増えてしまうという負担感から、率先して職人とのやり取りを行う社員はいませんでした。しかし、人形の修正にはとても時間がかかるので、なるべく早く職人さんへ連絡し、作業に取り掛かっていただく必要がありました。そこで石川さんは直接職人と連絡を取り合うことに決めたのです。「社長は忙しいので、職人さんへの連絡にタイムラグが生じてしまうこともあります。そこで思い切って『自分で連絡して良いですか?』と社長に聞いてみたところ、『お願いします』と言ってもらえました。その後、職人さんに直接お会いする機会もあり、お願いごとがしやすくなりました。」他のスタッフが敬遠してしまう仕事を率先して行うことで、石川さんは同社で一目置かれる存在となっていきます。

気づきを活かして、後輩のためにマニュアルの作成を開始

入社当時から丁寧に、
思いを込めて最終仕上げを担当します。

石川さんが入社してからというもの、同社では後輩パートの定着率が上がりました。現在石川さんと同じチームに所属している後輩は2人ですが、他のチームで仕事をしている後輩に対しても人間関係の面でサポートをしています。「人形は一つひとつが手作りなので、修正や仕上げをするべきポイントは人形によって変わります。後輩へ指導するときに『質問しづらい人』になってしまっては、後輩が失敗や間違いをしてしまう原因になります。そのため、横のつながりを意識して、ときどき席替えをするなど、みんなが質問をしやすい環境となるように気をつけています。」

加えて、人形制作に関わる仕事は非常に細かく難しい作業なので、以前は入社しても1週間を経ずに辞めていくパートもいました。作業の難しさに加えて、人によって後輩に教えている内容にバラつきがあるということがパートに負担感を与える大きな要因になっていました。そこで、石川さんは自身が仕事を学んでいった経験を振り返り、「作業工程を振り返ることのできるもの」の存在の必要性を感じて、マニュアルの作成を開始します。「新人さんにとって、『作業に困ったときに何か参考にできるもの』がないのはとても不安なことだと思います。また、新人さんに作業を教えるのに際しても、チェック項目があるに越したことはありません。難易度別に教えることができ、それによってスキルの上達度を測ることもできます。また、人によって教えた内容が違うといったミスの発生も防ぐことができます。職人仕事なので、マニュアルにすべてを書ききることができるわけではありませんが、安心度は違います。」

技術とセンスの向上と、子育てとの上手な両立が目標

勤務を開始してから1年が経過し、雛人形制作に関する工程を一通り理解・経験した石川さん。そのなかで逐次、自分にできることを率先して行ってきました。これからは、人形の検品に関してオールマイティにできるようになることを目標にスキルを磨いていく予定です。「雛人形の仕上げには、個人の『センス』が問われてくることも多いです。たとえば、人形に扇を持たせる角度なども、職人によって微妙に違うといった『ニュアンスが勝負』の世界です。社長とともに雛人形の展示会に行って、他社のお人形を見て、自分の気づきに活かしています。同僚と相談しながら『ニュアンスってなんだろう』と試行錯誤の毎日ですが、技術とセンスを着実に磨いていきたいです。」

現在は5歳になったお子さんを育てている石川さんですが、仕事と子育てをうまく両立できるようになってきたところです。「仕事と子育てを両立するには、やるべきことをルーティンワークにすることが大切だと思っています。ときどき体力的に疲れることはありますが、みんなが働きやすい職場をつくること、そして過保護になりすぎず、子どもを信頼することで、良い循環が生まれると考えています。」常にまわりに気を配りながら、自身のスキルアップを考える石川さんは、ますます同社に欠かせない存在へと躍進します。

応援メッセージ

パートとして働く前は、子どもの成長を間近で見ていたいと思っていましたが、仕事をはじめたことで自分も子どもと一緒に成長することができていると感じます。働きやすい環境づくりを心掛け、自分から積極的に仕事を楽しんでいく姿勢が大切だと思います。

ページの先頭に戻る