パート労働者のためのキャリアアップに関する情報サイト

メニュー

ここから本文です

キャリアアップ事例

キャリアアップに成功した方々を紹介します。
自分の希望の働き方について、キャリアアップを目指しましょう

イケア・ジャパン株式会社
小倉 志保さん(新三郷店/カスタマーリレーション部門 マネジャー)

小倉 志保さん

店舗や会社がよくなるために
「自分がやれること」を見つけ、挑戦する

会社データ(2015年10月現在)
【事業内容】小売業
【従業員の内訳】39時間正社員950名、短時間正社員1,655名、
その他(PT(パートタイマー)、SFT(セミフルタイマー))57名

小倉 志保さんの年表

キャリアアップ~STORY

パートタイマーでも「もっと頑張っていい」

小倉志保さんがイケアで働くようになったのは「たまたま」でした。出産後まもなく、家族で買い物に行った場所で、イケア1号店となる船橋店がオープニングスタッフ募集のためのジョブフェアを開催していたのです。ご主人に勧められ、「働く気もなく、なんとなく」行ってみたところ、「なぜかそのまま」面接に突入。面接官に「どの部署で働きたいですか。」と尋ねられてしまいました。

小倉さんは出産前に商社の営業部門で仕入れを担当していたこともあり、「とりあえず」仕入れ部門を第一希望にすると、面接は順調に進み、最終となる3次面接へ。そのときの面接官はドイツ人で、受け答えはすべて英語でした。「私は何をしているのだろう。なぜ英語で話そうとがんばっているのだろう。」と思いながらも、「この会社の人たちと働いてみたいな。とりあえず入社してみよう。」と決意。あわてて0歳児の子どもを預けるための保育園を探すことになりました。

2005年2月に、イケア船橋店に入社。週20~29時間・週3~4日勤務のパートタイマーを選びます。これまでパートタイム勤務の経験はないため、「どのくらい力を抜けばよいですか、という感じでした。」

いざ働いてみると、勤務時間が短いだけで仕事内容や求められる成果は正社員と同じであったため、「ここは手を抜かさせない会社だ。もっと頑張ってもいいんだ。」と思うようになります。また、船橋店は1号店であったため、社内システムや業務説明書等はすべて英語。上司も外国人なので英語を話さないと意思疎通ができませんでした。「英語にチャレンジしているうちに仕事を覚える。仕事をしたいから、上司に話をしたいから英語を覚える」、その繰り返しで英語を習得していきました。子どもが小さく、英語を習いに行くことはもちろん、なかなか参考書を読んだりすることもできませんでしたが、入社7年目に受験したTOEICの点数は入社2年目より200点も上がったそうです。

キャリアの転機となったスタッフプランナーの仕事

「頑張っている人を誰かが必ず見ていて、評価してくれる職場」「誰かのために動いている人を、当然と思わずに皆が手伝う職場」であることに、誇りを持っています。

「頑張っている人を誰かが必ず見ていて、評価してくれる職場」「誰かのために動いている人を、当然と思わずに皆が手伝う職場」であることに、誇りを持っています。

同社には「オープン・イケア」という社内公募制度があります。これは、店舗・契約形態・配属部署・役割等が示され、そこに自ら手を挙げる方式での人事異動です。

2008年11月に新三郷店が新規オープンする際に、小倉さんは船橋店よりも自宅から近かった新三郷店での仕入れ部門に、これまでと同じ勤務時間での募集があることを見つけ、応募。店舗異動することになります。

新三郷店で働き続けて3年程度経ったときに、小倉さんは「この勤務時間数でできるマックスまで仕事をやりきった。新しい何かに挑戦したい」と思い始めました。ちょうどそこにオープン・イケアで新三郷店初のポジションであるスタッフプランナーを、週25時間~34時間の勤務時間で募集しており、面接を経て合格します。

スタッフプランナーとは、人事と財務の橋渡しを行う仕事です。具体的には、「どの部署に、どのような契約形態のコワーカー(同社における従業員の総称)が何人いれば生産性が上がり、売上も増える」「このコワーカーが退職するならば、新たにこのような人を採用すればよいのではないか」等を各部門のマネジャーに提案します。「今までその役割を担う人がいなくても成り立っていたところに入り込み、マネジャーからの信頼を勝ち得て、相談されるまでにならなければ意味がないポジションです。立ち上げは泣くほど大変でした。」

そこでとった作戦は、「マネジャーとミーティングを重ねること」「指示を出すのではなく、マネジャーと肩を並べ、その部門を一緒に管理すること」でした。それらの積み重ねにより、マネジャーはこれまで一人で悩んできたことを小倉さんと一緒に考えてくれるようになったそうです。仕事が軌道に乗り始めると、マネジャーと接する機会が増えていたこともあり、「今度はマネジャーという仕事に目が向きました。よいマネジャーがそろえば、店舗が、会社がもっとよくなるはずです。」

派手な失敗を乗り越え、部下から信頼される

同社では2012年から、2年以内にマネジメント職を目指すコワーカーをトレーニングするための「アスピラントプログラム」という研修を実施しています。受講は各店舗5名以内と定められており、受講に当たっては自らが手を挙げ、面接を受ける必要があります。1ヶ月に数日間の研修を9ヶ月続けますが、その中にはDIC(Discovering IKEA Concept)という「課題が山盛りのトレーニング」も含まれています。小倉さんはその研修を受講しました。

受講途中で、オープン・イケアで返品カウンターのチームリーダーの募集が出ました。「担当したかった仕事でもあるし、手を挙げてみるしかない」と思い、応募。そして、面接を経てマネジメント職であるチームリーダーに就任します。それに伴い、勤務時間もフルタイム勤務に変更となりました。

「自分らしいマネジメント」を目指し、10名の部下を率いることとなりましたが、「派手に失敗しました。コワーカーから総スカンを喰らってしまったのです。」

小倉さんは自分らしく振舞っていましたが、半年程度経った頃にふと「何か雰囲気がおかしい」と感じます。それは部下たちの小倉さんに対する不平不満でした。はじめは聞く勇気もありませんでしたが、意を決して部下たちと話してみると、「もちろん一晩落ち込みましたが、翌朝にはすっきりして、何をやればよいのかがわかりました。」

これまでは「優等生のチームリーダーになろうと頭でっかちになっていて、コミュニケーションが一方的だった」と気付いたのです。そこで小倉さんは部下たちに「自分が変わるので、少し時間がほしい」と伝え、「ただただ一緒になって」仕事をしました。それからは状況が徐々に好転し、約半年で「皆が自分を大好きになってくれた」といいます。

2015年9月からは、さらに上位の役職であるマネジャーになった小倉さん。部下に「この人は自分たちをわかってくれるマネジャーだよね」と言われるよう、全力で仕事に取組みます。

応援メッセージ

小倉 志保さん

働く時間の制約が、自分の成長のバネになります。時間内にどこまでできるか、どれだけ成果を上げられるかの挑戦と捉え、「自分ならもっとできるはず」と自信を持って仕事に取り組んでください。そうすれば、壁があっても乗り越えられます。

ページの先頭に戻る