パート労働者のためのキャリアアップに関する情報サイト

メニュー

ここから本文です

キャリアアップ事例

キャリアアップに成功した方々を紹介します。
自分の希望の働き方について、キャリアアップを目指しましょう

株式会社髙島屋
吉田 史子さん(京都店)

吉田 史子さん

同僚とのコミュニケーションを大切に、
働きがいのある職場をつくっていきたい。

会社データ(2015年10月現在)
【事業内容】小売業
【従業員の内訳】正社員(フルキャスト)約5500名、契約社員(キャスト)約2700名、クルー(パートタイマー)約2600名

吉田 史子さんの年表

キャリアアップ~STORY

繁忙期のアルバイトからクルー、そしてキャストへ

髙島屋京都店の婦人靴売場で働く吉田史子さんの最初のキャリアは、新卒で入社した銀行でした。しかし、その頃はまだ「寿退社」が主流の時代で、吉田さんも結婚を機に4年半勤めた会社を退職します。

退職後はしばらく専業主婦をしていましたが、1999年から、年末などの繁忙期のみアルバイトとして髙島屋京都店で働くようになりました。初めは「髙島屋なら通勤に便利かな」「百貨店で働くなら髙島屋かな」といった軽い気持ちだったそうです。その後、欠員が出たのをきっかけにクルー(パートタイマー)として髙島屋に入社しました。

クルーとしての担当は「タカシマヤ友の会」という積立制度のカウンター。「銀行出身だったので、金銭の受け渡しを行うカウンターは働きやすかったです。マンツーマンで先輩の指導を受けながら、楽しんで仕事に取り組みました。」1日5時間、扶養範囲内での勤務でした。

入社から7年目の2008年、同社では新たに、クルーからキャスト(契約社員)に転換できる「有期雇用社員間優先採用制度」が始まりました。吉田さんは、上司であるマネジャーから「この制度に応募してみませんか」と声をかけられます。キャストになるとフルタイム勤務になりますが、「クルーとして働いて7年、そろそろ次のステップに進んでみたい」と考えていたタイミングだったこともあり、家族の応援を得て、挑戦してみることにしました。

そして、同年5月にキャストに転換した吉田さんは、髙島屋京都店の採用を担当することになりました。正社員の人事は本社が管理しますが、店舗で働くアルバイトやクルー、キャストの採用・人事管理は店舗単位で行います。吉田さんの仕事は、アルバイトの採用事務と給与計算でした。「アルバイトは京都店だけで200~300人、繁忙期には600人になりますので、給与計算だけでも大変です。パソコンをあまり触ったことがなかったので、パソコンの操作も覚えなくてはいけなかったし、雇用保険などの知識も1から勉強しました。」

会社の制度を活用し、積極的にスキルアップ

「人が好き。人に関わっていけるマネジャーになりたいです」

「人が好き。人に関わっていけるマネジャーになりたいです」

パソコン操作を覚えるために吉田さんが活用したのは、同社の「商い塾」と呼ばれる教育プログラムでした。これは実務知識からキャリアアップのプログラムまでをカバーした全社的な教育訓練制度ですが、中にはクルーやキャストといった有期雇用の社員でも希望に応じて受講できるプログラムが用意されています。パソコン操作を学べる集合研修や通信教育もその一つで、吉田さんは積極的に受講し、知識・スキルを身につけていきました。

しかし、吉田さんがキャスト時代に受講したのは、パソコン関連のプログラムだけではありません。「キャストになって2~3年経った頃から、フルキャスト(正社員)へのステップアップも前向きに考えるようになりました。マネジャーから『フルキャストになるのであれば販売も経験することになるから、カラーコーディネーターやコーチングなどの講座も受けに行って、どんどん勉強しなさい』とアドバイスを頂いて。他の業務と調整しながら、積極的に“商い塾”の集合研修に参加するようになりました。」会社の制度を積極的に活用し、吉田さんは着実にスキルを積み重ねていきました。

コミュニケーションの重要性を再認識

2014年、吉田さんは「フルキャスト優先採用制度」という、キャストからフルキャストへの転換試験に合格してフルキャストとなり、婦人靴売場に配属されました。クルーとして入社してから10年以上の間、カウンター業務や採用事務を担当してきた吉田さんにとって、初めての「販売職」でした。「最初は販売の知識も靴の知識もありませんし、売場に立っていることしかできませんでした。立っているだけでも、試着されたお客様から『この靴、サイズ合っていますか?』と聞かれる。そう聞かれても、サイズが合っているかどうかさえ、当時の私には自信がなかったのです。」

このように、吉田さんにとって特に大変だったのは、靴に対する商品知識が不足していたことでした。「靴に対する知識が全くない私は、何をどのように習得すべきかが分らず、周囲の販売スタッフも多忙な中、なかなか上手くスキルやノウハウを学ぶ機会を設けることもひと苦労で、当初はフルキャストとしてこのまま活躍できるのか不安が募りました。」

そんな吉田さんを救ったのは、マネジャーからのアドバイスでした。「『とにかく精一杯働いて、みんなの信頼を得ることが大切だ』と言っていただきました。この言葉は救いになって、『今は販売に徹しよう、わからないことはどんどん聞いて、とにかく精一杯働こう』と、前向きな気持ちになることができました。」

吉田さんは、売場のスタッフ一人ひとりと積極的にコミュニケーションを取って靴について教えてもらいながら、彼らが困っている様子であれば一緒に改善策を考えるようにしました。「今ではずいぶん職場に慣れて、接客・販売の楽しさがわかるようになってきました。」

目標は「人と関わっていけるマネジャー」

吉田さんの今後の目標は、「人と関わっていけるマネジャー」になること。「今まで私の上司であったマネジャーのようになりたいです。売場はみんなでつくり上げるものですから、スタッフ一人ひとりの個性や特性を見極めて、みんなが働きがいのある職場をつくりたい。そして各々がアイディアを出し合って、どんどんチャレンジして、売上目標を達成したらみんなで一緒に喜び合えるような、そんな売場にしていきたいと思います。」

これまで育ててもらったマネジャーの背中を追いかけながら、吉田さんはさらなるキャリアアップを目指します。

応援メッセージ

吉田 史子さん

仕事をする上で、一番大事なのはコミュニケーションだと思います。コミュニケーションを円滑にするには自分から心を開いていきましょう。そうすればきっと、相手にも受け入れてもらえます。心のシャッターを開けると、仕事も上手くいきますよ。

ページの先頭に戻る