パート労働者のためのキャリアアップに関する情報サイト

メニュー

ここから本文です

キャリアアップ事例

キャリアアップに成功した方々を紹介します。
自分の希望の働き方について、キャリアアップを目指しましょう

株式会社 吉野家
矢島 由貴さん(新所沢店/副店長)

矢島 由貴さん

人と人のつながりを大切に。
理想の接客で憧れの「店長」を目指す!

会社データ(2015年11月現在)
【事業内容】飲食業
【従業員の内訳】正社員1,311名、パートタイマー18,716名

矢島 由貴さんの年表

キャリアアップ~STORY

吉野家にて目指すべき「憧れ」を見つける

矢島由貴さんは現在、子育てと並行しながら、牛丼チェーンの吉野家・新所沢店にて、副店長として、週5~6日働いています。

矢島さんは知人に吉野家の店長を紹介されたのをきっかけに、「知っている人もいるし、やってみよう」と考え、2008年に入社を決意しました。この時は自宅からほど近い所沢駅前店にパートとして入社したものの、妊娠を機に一度退社することになります。その後は子育てに専念していましたが、子育てがひと段落した頃に「ほかの仕事もやってみたい」と、他社で正社員として勤務することになりました。しばらく正社員として働いた矢島さんに転機が訪れます。「正社員という立場だと、たとえば子どもが熱を出して病院に連れていきたいと思っても、仕事を休むことが難しく、時間の融通が利かないことに悩んでいました。そんな時に吉野家入社のきっかけにもなった店長から『ぜひ戻ってきてもらいたい』と声がかかり、復帰を決めました。」そしてもうひとつ、どちらかといえば男性の職場というイメージが強かった吉野家で、矢島さんの“ママ友”が、シングルマザーでありながら店長として活躍しているのを知ります。ママ友は矢島さんとは別の店舗で働いていましたが、矢島さんは、その凛とした姿を見て「いつか自分もあのようになりたい」という思いを抱きます。

小さな躓きと大きな飛躍

仕事で頑張る姿を子どもに伝えたい。毎日仕事に邁進します。

仕事で頑張る姿を子どもに伝えたい。
毎日仕事に邁進します。

吉野家で働く際には、店舗デザインとしてキッチンからホールまでが繋がっていることから、接客と調理の両方を切り盛りしていくスキルが求められます。「入社初日に、店長から業務内容に関する基礎を習いましたが、実際に仕事を開始するとわからないことはいっぱいありました」と当時を振り返る矢島さん。入社したての頃は、効率が落ちることで先輩に厳しく注意され、悔しくて涙したこともあると言います。そこで矢島さんは「もう絶対にこんな悔しい思いをしないよう、できることから着実に仕事をこなしていこう」と決意します。当時の上司であった店長に「好きに動いていいよ、責任は俺がとるから」と言ってもらえたのも後押しになりました。既存のマニュアルはもちろん、マニュアルに書いていない部分も自ら考えて積極的に動き、わからない部分は後回しにせずにその場で店長などに質問して必ず解決させていくことで、短期間で業務に習熟していきます。特に接客に関してはマニュアル通りには対処しきれない場面も多かったため、実際に働きながら「お客様はどういう接客をされたら喜ぶか、どういう対応をしたら不快な思いをされないか」を念頭に動きました。また、実際に自分がファミレスなどに行ったときに「良いな」と思った接客を取り入れていくことでスキルアップを実現していきました。そしてこのような地道な努力は、パートとしての「ランクアップ」に直結します。当時の吉野家ではパートのランクが5段階に分かれており、矢島さんは接客部門においてわずか2年でトップの「トレーナー」にまで昇格したのです。接客部門におけるトレーナーとは、「接客に関するスペシャリスト」という立場で、後輩や同僚からも強く信頼される存在となります。さらに、接客や調理と並行して行わなければならない発注や売り上げ管理といった裏方の業務についても丁寧に習得していきます。

そうして吉野家で働きはじめてからのべ5年。ついに矢島さんに、上司である店長から「新所沢店の副店長をやってみないか」という打診があります。まだ子どもが小さかったため、一度は迷ったという矢島さん。しかし吉野家全体として、「女性の働きやすい環境づくりを推進する」という大きな流れがあったことや、実際に同じような立場で子育てをしながら働いている先輩たちと相談できる機会に恵まれたことで、最終的には副店長になることを決意します。「できるかどうかがわからなくても常に挑戦していたい、自分ができるところまでどんどんやりたいと思いました。」

夢に向かって一歩ずつ 副店長としての活躍

副店長になると、外部講習を受講して「防火管理責任者」や「食品衛生責任者」といった資格を取得する必要があるほか、店舗の責任者として、新人の採用に関わる面接なども仕事として加わります。接客では高い評価を受けている矢島さんでも、面接では、「自分のつけた評価が採用に直結するので、ガチガチに緊張してしまった」と話します。さらに矢島さんの場合には、上司である店長が複数店舗の店長を担当していることもあり、新所沢店の運営全体も任されます。そうした忙しさの中でも常に「お客様にとって快適なお店、自分や同僚にとって働きやすいお店」を実現するため、常にお客様や同僚の様子に配慮しながら仕事に励みます。

矢島さんは副店長になったことで、「店長になる」という目標を、実感をもって認識しはじめました。それと同時に、新所沢店を、お客様から「ごちそうさま、また来るね」と言ってもらえるようなお店にしたいという具体的な目標も見えてきました。

さらに、「やらなければならないことをやって、私だけがスキルアップしていくのではなく、後輩たちがはやく一人前になって楽しく働いていかれるように育てていきたい」という想いを強く持ち、後輩育成にも意欲的です。「たくさんのお客様が自分のことを覚えていてくれること」に喜びを感じ、「来店したお客様の顔を覚えて細やかな気配りをすること」の重要性を知る矢島さんならではの接客術を、後輩に伝えています。後輩への指導も、一方的に押しつけるのではなく、休憩中のコミュニケーションなどを通して自然に意識して覚えてもらうように心がけています。

自分の目標をしっかりと見据えながら、後輩育成にも精力的に取り組む矢島さん。仕事に、子育てに奮闘し、これからも活躍を続けます。

応援メッセージ

矢島 由貴さん

社会とのつながりを再確認し、自分が必要とされていると思えることが仕事の良さです。家の中に一人でいては何も得るものはありません。子どもが小さいから働けないということはなく、できることは必ずあるので、外に出ることを諦めずに、チャレンジしてほしいと思います。

ページの先頭に戻る