パート労働者のためのキャリアアップに関する情報サイト

メニュー

ここから本文です

キャリアアップ事例

キャリアアップに成功した方々を紹介します。
自分の希望の働き方について、キャリアアップを目指しましょう

ファーストキッチン株式会社
加茂 和美さん(海老名ビナウォーク店 店長)

加茂 和美さん

主婦としての感性を活かしながら
店長へとステップアップ!

会社データ(2015年11月現在)
【事業内容】飲食業
【従業員の内訳】正社員140名、パートタイマー約2,500名

加茂 和美さんの年表

キャリアアップ~STORY

前職での心残りを胸に、新たなキャリアをスタート

加茂さんがファーストキッチンでメイト(パート)として働き始めたのは2002年。自宅近くに新しくできた店舗のグランドオープンスタッフとしてのスタートでした。独身時代に同じファーストフード業界の企業で正社員として働いていた加茂さんには、新店を任される機会を得たタイミングと妊娠期の体調面の不安が重なってしまい、心残りを抱えながら前職を退職した経験がありました。しかし、「ファーストフード業界で頑張ってみたい、という気持ちを持ち続けていて。」一番下のお子さんが幼稚園に入園したことを機に、新たなキャリアを歩み始めました。新店舗のオープン時には新しく採用されたスタッフ全員が同時にスタートをきることになるため、前職の経験がある加茂さんは採用時からメイトのまとめ役にあたるメイトマネジャーとして社員のスタッフをサポートすることを期待されていました。そして、入社から3ヵ月後、仕事の傍ら勉強を行った加茂さんは、晴れて昇格試験に合格し、メイトマネジャーとして管理業務にも携わるようになりました。

主婦であることを前提に、仕事との両立をはかる

メイトマネジャーとしてメイトの労務管理、発注などの店舗全般の管理業務も行うようになっていた2007年、加茂さんは契約社員(ライセンスマネジャー)に移行しないかとの誘いを受けます。契約社員になれば時給が上がる一方、扶養の範囲を超える一定以上の勤務時間数を勤める必要があり、また店舗の異動の可能性も出てきます。しかし、「前職を不完全燃焼で辞めた後、私が気持ちを切り替えて子育てや家事に専念してきたこと、また仕事を再開して働く中で『もっと仕事をしていきたい』という気持ちが出てきたことを、主人も理解してくれました。」こうしてご主人のサポートにも支えられ、契約社員となることを決意しました。

加茂さんは契約社員になる際に早番中心で業務を行いたいという希望を会社に伝えました。その背景には、主婦であることを大前提として仕事と家庭のバランスをとり、家族との関係を大切にしたいという思いがあります。「子どもが小さい頃は子育てに専念してきましたが、自分が好きな仕事をすることによって、何かが崩れた時にそれを仕事のせいにしてしまうのは嫌だと思いました。」イベント時などでどうしても遅番勤務が必要な時を除き、基本的に早番で勤務を行いながら、店舗に残ったスタッフを電話でフォローをするなどの工夫を行ってきました。

店舗経験と自己学習を重ね、店長へステップアップ

「仕事だけでなく、家庭や学校生活などのことも含めて働いているスタッフとのコミュニケーションを大切にしています。」

「仕事だけでなく、家庭や学校生活などのことも含めて働いているスタッフとのコミュニケーションを大切にしています。」

ご自身のこれまでのキャリアの中でも大きなステップアップとなったのが2009年の責任マネジャー(店長代理)への昇格でした。責任マネジャーは、店長と同様、そのお店のトップとして労務管理、売上管理、予算管理などの店舗運営の業務を担当し、お客様からのクレームにも店舗の責任者として対応することが求められます。「自分で本で読んで勉強したり、実務を通じて習得し、分からないことは勤めていた店舗の店長や同業種の主人に教えてもらったりしていました。ステップアップするための試験は大変でしたが、段階的に勉強をして頑張ってきたと思います。」昇格試験をへて責任マネジャーとなった後、加茂さんは3店舗で経験を積み、正社員の店長の下で実務をこなしながら店舗運営のスキルを身につけていきます。そして、2015年春、主婦の契約社員として初めて、店長として店舗を任されました。スタッフとのコミュニケーションを大切にしながらより良い店舗づくりに取り組み、関東地区の店長会議で店舗の衛生管理を徹底した取組が紹介されるなど、活躍を続けています。

主婦としての強みを活かした店舗のマネジメント

勤務の時間帯を調整してもらいながらご自身がお子さんの成長に合わせて仕事を続けてきた経験は、現在のマネジャーとしての業務にも大いに活かされています。「どのお店でも主婦、フリーター、学生など様々なスタッフが働いています。新米ママのスタッフが『子どもの急な発熱などでお店に迷惑をかけているのではないか』と悩んでいる時などには、私自身が主婦として経験してきたことなので、皆の力に支えられてお店が成り立っているのだと言葉をかけてあげられます。また、アルバイトばかりに精を出している高校生や大学生のスタッフに対しては、同世代の子どもを持つ『お母さん』の気持ちも分かるので、『学生の本分は勉強なのだから、アルバイトばかりしていてはいけないよ』と諭したりします。」

様々な成長の場面に出会えることが仕事のやりがい

加茂さんにとって、接客業を通じた様々な成長の場面に出会えることが大きな仕事のやりがいの一つです。「接客業では、客層が大変広く、またお客様に喜んでいただいていることが目の前で伝わってきます。例えば、お母さんに見守られながら、お金を握りしめて店舗のカウンターにやってきた小さな女の子の『初めてのおつかい』をサポートしてあげて喜んでもらえた時はとても嬉しかったです。」また、仕事の中で出会う成長の場面は、お客様だけに限られません。「これは主婦の観点から感じることなのですが、例えば、丁寧なサービスを行い、お客様から心をこめて『ありがとう』と言われた時のスタッフ、初めてのお給料を受け取って喜ぶ高校生スタッフ、就職活動でアルバイトの経験が評価された大学生スタッフなどの嬉しそうな表情を見て、とても嬉しくなります。」

店長候補者を育成する立場への挑戦

契約社員のまま店舗での経験や勉強を積み重ね、店長の仕事までステップアップしてきた加茂さん。近く、現在店長を務めている店舗に加え、新たに2店舗目のお店を担当することが決まりました。2店舗目のお店では、かつてご自身が店長から教わってきたように、将来の店長候補となる責任マネジャーを育成する立場という、新しいポジションを経験することになります。「メイトとの関わりやコミュニケーションを大切にし、メンバーの中に自分がいるという、そんな思いを持ってくれる店長を育てていけたらと思っています。そうすることで、私の思いを受け継ぐお店を拡げていき、会社に貢献することができればと考えています。」店長としてさらなる目標を持ち、今後も加茂さんの挑戦は続きます。

応援メッセージ

加茂 和美さん

いろんな職種や業態がありますが、どんな仕事でも必ずどこかで主婦としての経験や感性が活かせる部分があると考えています。そのような場を見つけ、仕事のやりがいを探していけば、たくさんの新しい発見があると思います。

ページの先頭に戻る