パート労働者のためのキャリアアップに関する情報サイト

メニュー

ここから本文です

キャリアアップ事例

キャリアアップに成功した方々を紹介します。
自分の希望の働き方について、キャリアアップを目指しましょう

株式会社ねぎしフードサービス
丁文婧さん(人財共育担当リーダー)

丁文婧さん

感動を生む接客術を磨いて
人材共育担当リーダーへとキャリアアップ。

会社データ(2014年8月現在)
【事業内容】飲食サービス業
【従業員の内訳】正社員120名、パートタイマー920名

キャリアアップ~STORY

よく調べてアルバイトを選び、接客に思いやりを込めて

株式会社ねぎしフードサービスの『人財共育担当リーダー』を務める丁文婧さんは、上海出身の中国人女性です。『人財共育担当リーダー』とは、ねぎしフードサービスが展開する飲食店“牛たん・とろろ・麦めし ねぎし”で接客にあたる社員やパートタイマーに研修・教育を行う担当者です。

丁さんが“ねぎし”でパートタイマーを始めたのは2008年。中国の大学を卒業後、上海での日系企業勤務を経て、日本に留学した直後のことでした。「日本語は、来日後初めて学びました」と言うほどゼロからのスタート。しかし6年間という短期間でキャリアアップに成功しました。その秘訣は何でしょうか?

まずアルバイトを選ぶ時点で、いろいろと調べたと言います。「実際に“ねぎし”で食事をし、とろろなど中国にはない食文化に興味を引かれました。接客もとても親切で、ここで働きたいなと思いました」希望が叶ってホール業務のパートタイマーに採用された丁さんは、親切と感じた“ねぎし”の接客を実践する立場に。

「中国はまだ接客の意識が低いのですが、私は『親切第一』『お客様第一』という企業理念にとても共感できました。心から相手を思いやる、これは日本の素晴らしい企業文化です。また“ねぎし”では接客のあり方を、自ら考え工夫することが求められます。だからこそ成長できたと思います」

さらに、利用客との交流も向上心を後押ししてくれました。「池袋の店舗でのことです。台湾人旅行者の方から“あなたのために、また来たよ!”と声をかけられたんです。前回来日した時、私の接客がとても良かったと。“だからあなたのいるお店を選んだ”と。でも申し訳ないけれど、私はその方を覚えていませんでした。そこまでおっしゃっていただいた接客ですが、私にとってはふだん通りで。けれど、接客とはそれほど人の心に刻まれるものか、とすごく感動しました」

正社員への道は、100ステップの自分磨き

「逆にお客様のクレームも、自分の改善点を教えてくれる宝物です。私が正社員にキャリアアップできたのは、改善点を見つけ、クリアすることができたからだと思います」
“ねぎし”には、フードサービスのプロとして持つべきスキルを111のポイントで詳細に評価する“100ステッププログラム”があり、Fパートナー(外国人アルバイト)もAパートナー(日本人アルバイト)も、また正社員も、同じ基準で公平に評価されます。丁さんは自分磨きの指標として、この“100ステッププログラム”に取り組みました。

「ねぎしのキャリア制度はプログラムのクリア度に応じて『トレーニー(研修期間)』→『チャレンジャー』→『リーダー/サブマネージャー』→『店長/マネージャー』とランクアップし、次第に管理業務や店作りの本質に関わることができます。毎月の店長との面談で“あなたはこれはできたが、ここが不足で次のステップへ上がれない”といった指導を受けられるのも励みになりました」

さらにFパートナーを対象とした、接客スキルの集合教育にも積極的に参加。当初は一生徒として参加していた丁さんですが、「同じFパートナーとともに、最高の“ねぎし”を作り上げたい」という思いから“インストラクター研修”を受講。経営理念への深い理解度が評価され、ホール業務に加えてインストラクターとしても活躍の場を広げました。頑張りに呼応するように、“ねぎし”は2011年にFパートナーを社員に登用する新たなビジョンを策定。丁さんにも正社員登用のオファーがなされ、ビザ申請等が完了した2012年6月、正社員になりました。

パートタイマーの心を知る教育担当者として、人財共育を担う

正社員となった丁さんは現場経験をフルに生かし、さまざまな店舗でホール業務の指導・教育に携わりました。とくに2012年の新店オープンに当たっては、外国人・日本人・正社員を問わず全ホールスタッフのトレーナーに抜擢され「より真剣に、自分が何をどう教えてゆくべきか、考えるようになりました」

さらに2014年には、現在の『人財共育担当リーダー』へとステップアップして本社のサポートオフィスに異動。全社的な研修やインストラクター業務、研修教材の作成や翻訳などを幅広く行っています。「さまざまな講義を行いますが、皆が一番共感してくれるのはパートタイマー時代の経験談。やりがいや感動を分かち合えます。厳しく指導すべき時も“私もこういう失敗をしてしまった”“だからそれではだめよ”と丁寧に伝えるようにしています。
人を教育する立場ですから苦労もあります。教えたことを理解しているはずなのに、やってくれない。厳しくするとやめてしまうかもしれないし、やさしくすると言うことを聞いてくれない。そんなケースに出会うと悩み、考えます。もっと皆でこの会社を盛り上げたいのに…と試行錯誤の連続です。その結果、店長から“研修であの人は全然変わったよ!”と聞くと心からやりがいを感じます」

パートタイマーとして日本に足場を築き、教育者へと成長した丁さん。「どんな仕事にも大変なところはあります。でも大変さは、必ずやりがいや楽しさに変えられます」と輝く笑顔で語ってくれました。

応援メッセージ

丁文婧さん

仕事はただお給料をもらうだけでなく、自分を成長させてくれるものです。自分の成長は会社の成長につながり、それは自分にさらに活躍の場をもたらしてくれます。可能性を広げるのは、あなた自身です!

ページの先頭に戻る