ここから本文です

よくわかる労働法

労働法に関するテーマ別の質問を
Q&A形式でわかりやすく説明していきます。

01 パートタイム労働者ってどういう人ですか?

「パートタイム労働者」って、具体的にどういう人を指すのですか?

「パートタイム労働者」は、「同一の事業所に雇用される通常の労働者(※)に比べて、1週間の所定労働時間が短い労働者」を指します。ですから、会社によっては、パートタイマー、アルバイト、嘱託、契約社員、準社員とか呼び名は違うけど、条件を満たせばみんな「パートタイム労働者」になります。

※「通常の労働者」とは、同種の業務に従事する「正社員」「正職員」など、いわゆる正規型の労働者がいれば、その労働者をいいます。同種の業務に従事するいわゆる正規型の労働者がいない場合、フルタイムの基幹的な働き方をしている労働者がいれば、その労働者が通常の労働者となります。

「パートタイム労働者」って、立場が弱いのですか?

パートタイム労働者には「パートタイム労働法」という法律が適用されます。「パートタイム労働法」は、簡単にいうと、パートタイム労働者が労働時間や待遇面で納得して労働ができるように福祉の増進を図ることを目的に制定されたものです。
もちろん、パートタイム労働者にも、通常の労働者と同じように、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働契約法、労働者災害補償保険法、男女雇用機会均等法などの労働関係保護法令が適用されます
育児・介護休業法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金法についても、パートタイム労働者がこれらの条件を満たしていれば適用されることになっています。

パートタイム労働者は、いろんな法律で保護されていますね。
私たちも私たちを守ってくれる「労働法」のことを知っておくべきだと思います。

ページの先頭に戻る