ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

パートタイム労働者活躍推進企業表彰サイト

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

パートタイム労働者活躍推進企業表彰「パートタイム労働者の活躍を推進している企業を表彰します!業種・規模を問わず、全国からの応募をお待ちしています!」厚生労働省では、パートタイム労働者の活躍推進への取組を積極的に進める企業を「パートタイム労働者活躍推進企業」として表彰し、その取組を先進事例として広く発信していくことにしました。
平成28年度パートタイム労働者活躍推進企業表彰の応募受付は終了しました。
平成28年度募集概要はこちら
厚生労働省記者発表資料はこちら
平成27年度パートタイム労働者活躍推進企業受賞企業の取組事例集と取組動画、および表彰式典報告を掲載しました。
事例集(pdf)はこちら
取組動画
表彰式典報告
「パート労働者活躍企業好事例バンク」はこちら
平成27年度「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」受賞企業を決定しました!
受賞企業はこちら

「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」制度について

表彰の趣旨と目的

パートタイム労働者の働きや貢献に見合った正社員との均等・均衡待遇を推進し、パートタイム労働者がいきいきと働くことができる職場環境を整備するためには、パートタイム労働者の雇用管理の改善に向けた企業の自主的な取組が重要です。

このため、厚生労働省では、平成27年度より、「パートタイム労働活躍推進企業表彰」を実施しています。この表彰制度は、他の模範となる、パートタイム労働者の活躍推進に取り組んでいる企業などを表彰し、これを周知することで、企業の取組を促進することを目的としています。

応募の流れ

※ 応募時期になりましたらご案内をこのページに掲載いたします。

「パート労働者活躍推進企業好事例バンク」では各企業が行っているパートタイム労働者活躍推進の為の様々な取組をご覧頂けます。パートタイム労働者活躍推進企業表彰の受賞企業の取組も検索することができます。

表彰基準等について

表彰基準等について詳しくは下記PDFでもご覧頂けます。

応募対象

パートタイム労働者の活躍推進に向けて取り組んでいる事業所(企業)です。

表彰の対象と種類

応募企業の中から、取組や成果等を審査し、次の3つの賞の対象企業を選定します。

最優良賞(厚生労働大臣賞)

パートタイム労働者の活躍推進のために、特に他の模範となる取組を推進し、その成果が顕著である事業所(企業)

優良賞(雇用均等・児童家庭局長優良賞)

パートタイム労働者の活躍推進のために、他の模範となる取組を推進し、その成果が認められる事業所(企業)

奨励賞(雇用均等・児童家家庭局長奨励賞)

パートタイム労働者の活躍推進に取り組んでいると認められる事業所(企業)

応募資格

応募にあたっては、次の資格の全てを満たす必要があります。

  1. 応募時点において、パートタイム労働法の義務違反がないこと。
  2. 上記以外の労働関係法令に関し重大な違反がなく、かつ、その他の法令上又は社会通念上、表彰にふさわしくないと判断される問題がないこと。
  3. 表彰を受けた場合、取組内容の公表が可能であること。

表彰基準

応募にあたっては、次の基準の全てを満たす必要があります。

  1. 「パート労働者活躍企業診断サイト」(※1)において、パートタイム労働者均等・均衡待遇指標(パート指標)の診断結果が、雇用する全てのタイプのパートタイム労働者に係る取組において、総得点率50%以上であること。
  2. パートタイム労働者の活躍に向けて取り組む企業として「パート労働者活躍企業宣言サイト」(※2)に取組内容や今後の目標等を掲載(宣言)していること。
  3. 「パートタイム労働者の活躍推進に向けた取組」(※3)(法定を上回る自主的な取組)を行い、かつ実績または成果が認められること。
    ※1「パート労働者活躍企業診断サイト」とは

    ※2「パート労働者活躍企業宣言サイト」とは

    ※3「パート労働者の活躍推進に向けた取組」とは

    「パートタイム労働者の活躍推進に向けた取組」は、第1分野から第4分野までの4つに分類されています。
    優良賞の対象は第1~4分野のうち3分野以上、奨励賞の対象は2分野以上(第1分野、第2分野のうち1分野以上を含む)の取組を実施している事業所(企業)の中から選定します。
    優良賞の対象から、特に模範となる取組があった場合に最優良賞を選定します。
    したがって、応募にあたっては2分野以上の取組が必要であり、そのうち第1分野か第2分野の取組を必ず行っている必要があります。

    第1分野:パートタイム労働者の働きぶりの評価と適正処遇に関する取組

    【取組内容例】

    • パートタイム労働者に対して、能力、勤務態度、成果などに関する評価を行い、その結果を処遇(賃金や昇進など)に反映させる評価制度を導入し、運用している。
    • 賃金や諸手当について、パートタイム労働者の働きや貢献に見合った勘案要素・支給基準の制度を適用し、運用している。
    • パートタイム労働者を対象とした表彰制度などを導入し、運用している。

    第2分野:パートタイム労働者に対する教育訓練やキャリアアップに関する取組

    【取組内容例】

    • パートタイム労働者に対して、教育訓練などの能力開発を計画的に実施している。
    • パートタイム労働者が、能力や働きぶりなどに応じて担当する職務の内容を高める(キャリアアップする)ことができる仕組みや、パートタイム労働者をパートリーダーなど役職に登用する制度を導入し、運用している。
    • パートタイム労働者から正社員へ転換するための試験制度を導入し、かつ、正社員転換の実績がある。
    • 短時間正社員制度を導入し、実績がある。

    第3分野:パートタイム労働者とのコミュニケーション向上のための取組

    【取組内容例】

    • パートタイム労働者からの意見・提案を聴く仕組みを導入し、運用している。
    • パートタイム労働者に対し、社内の情報の共有化を図る仕組みを導入し、運用している。

    第4分野:その他の取組(第1~3分野以外で、パートタイム労働者の活躍推進に向けた取組)

    【取組内容例】

    • パートタイム労働者に対しても福利厚生制度・施設が適用・利用ができる仕組みを導入し、運用している。
    • パートタイム労働者に対して仕事と育児・介護の両立支援制度を適用・周知し、利用実績があるなど、ワーク・ライフ・バランスのための取組を実施している。
    • その他、他の事業所(企業)の模範となる取組を行っている。

受賞のメリット

受賞企業を対象とした表彰式典を開催するとともに、受賞企業の取組事例を事例集としてとりまとめ、本サイト内でも公開し、広く発信していきます。

また、受賞企業には名刺や商品などに表示することができるシンボルマークを付与しています。

昨年度の受賞企業からは、「地元紙などに表彰の記事が掲載され、社会的評価の高まりや採用活動における応募者数の増加がみられた」「社内のパートタイム労働者はもとより正社員においてもモチベーションの向上がみられた」などの声が寄せられています。

表彰式典において各賞の授与

受賞企業取組事例集への掲載

※事例集の冊子をご入り用の方はお問い合わせフォームより、希望部数と送付先をご連絡ください。

シンボルマークの付与

受賞企業に付与されるシンボルマークには、受賞年度と受賞名が記載されます。
(例:2015 最優良賞)
名刺や広告等に記載して受賞をPRすることができます。

受賞企業の取組動画の作成と本サイトへの掲載

平成27年度(※50音順)

※表彰式典で放映いたしました。詳しい取組内容は事例集をご覧下さい。

<最優良賞>株式会社イトーヨーカ堂

最優良賞
株式会社イトーヨーカ堂

<最優良賞>特定非営利活動法人ハートフル

最優良賞
特定非営利活動法人ハートフル

<優良賞>株式会社古田土経営

優良賞
株式会社古田土経営

<優良賞>三井住友海上火災保険株式会社

優良賞
三井住友海上火災保険株式会社

本サイトに内における受賞企業の発信


本サイトにおける受賞企業の掲載画面

「パート労働者活躍企業好事例バンク」
における受賞企業の掲載画面サンプル


「パート労働者活躍企業宣言サイト」
における受賞企業の掲載画面サンプル

審査について

審査は、有識者からなる審査委員会(非公開)において、厳正かつ公正に行います。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。